【日本の自動車産業の歴史】消えていった自動車メーカーたち

かつては自動車産業を盛り上げていたが、現在は退いたメーカー。
そんなメーカーをご紹介。


1960年代の夜明け

日本に自動車産業というものがようやく根付きだし。それまでの自転車屋やバイク屋の延長みたいな零細自動車メーカーが工場を畳み。

それでも通産省(今の経済産業省ですね)が「このままだと自動車メーカーが多すぎて、欧米に対抗できなくて潰されちゃうよどうしよう?」と心配しまくった挙句に、メーカーの合併を丁寧にお薦めしまくっていた時代。

そして、それでもなお今の自動車産業の原型と呼ぶには、まだまだ紆余と曲折を経なければいけないぞ、とばかりにまだまだ参入を狙う企業が多かった時代。

そのような混沌から抜け出すキッカケになったのが、1960年代でした。
その頃の自動車、それも乗用車のメーカーは、試作車の製作で終わったものを含めても実に18社!

たとえ僅かでも量産車を送り出したメーカーだけでも16社もあるんです。
通産省のお役人さんじゃ無いですが、やはりちょっと多すぎたのかもしれませんね?

自動車産業発展の第一歩で消えていったメーカーを、最初に振り返ってみましょう。

かつて自動車を作っていた企業

その頃の自動車メーカーの中には、既に自動車とは関わらない分野に転身した企業もあります。
日本が世界に誇る軽四輪駆動車「ジムニー」の原型を作ったホープ自動車は、今では遊具会社の「ホープ」になっています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら