【人気の車種揃い!】Cセグメント車種特集

また、発売から少し年数もたっているため、お手頃なV40が中古で購入できるのも魅力の一つです。

 

Audi A3

 

ドイツ御三家の一角を占めるアウディのCセグメント車である「A3」

FFならではのユーリーティと同時に、アウディの四輪駆動技術の「クアトロ」などで、走りもユーリティーも高い次元で融合させたモデルです。また、同じフォルクスワーゲングループのゴルフと同様メーター内のディスプレイなどのデジタル装備も備わっています。

またこのクラスでは珍しく、セダンの設定もあるなど、様々な人が選びやすいように選択肢が多くあるのが特徴です。

プジョー308

 

ドイツ車や日本車ほど日本人に馴染みのない、フランスの自動車メーカー「プジョー」が販売するCセグメント車「308」です。

フランスの石畳の上を走るために作られた「猫脚」と呼ばれるプジョー独特の足回りは、ドイツ車ほど固くなく、日本車よりも安定して走れるという大きな利点があります。

また、あまり日本では見かけないため、他の人とは違う車に乗りたいという想いがある人にとっては、魅力のある車になるのではないでしょうか。

日本車

スバル インプレッサスポーツ

 

日本車のCセグメントの代表車種と言えば「インプレッサスポーツ」ではないでしょうか?

走行性能はスバルということもあり、満足できるものとなっており、日本車ならではのユーリーティーの良さも魅力ではないでしょうか?

また、メルセデス・ベンツ並の運転支援技術も備えているため、長時間の運転もラクラクこなせるだけのポテンシャルを備えています。それでいて価格も他の輸入車と比較して安いのは、とても良い車なのではないでしょうか?

トヨタ カローラ ハッチバック

 

世界中で10秒に1台生産されている、トヨタのベストセラーが「カローラ ハッチバック」として生まれ変わりました。

前車種では、少し高齢の方よりのデザインをしていましたが、今回のモデルチェンジで、「若者に乗ってもらいたい車」というわかりやすいイメージチェンジを図ったのが察することができます。

日本で乗るにあたって、扱いやすく、加速も十分で燃費のいいハイブリットシステムを採用しているのは、他のCセグメント車種にはない大きなポイントです。また、Toyota Safty Senceなどの安全機能も備えており、日本市場での評判が良さそうな車に仕上がっています。

マツダ アクセラスポーツ

 

最近、大ヒットを連発している「マツダ」のCセグメント車種が「アクセラスポーツ」です。

日本車とは思えない、外観、内装を備えながらも欧州車よりも手が出しやすい車です。

また走り味もよく、スムーズに加速するディーゼルエンジンを搭載したモデルもあります。

また、マツダ独自の運転支援技術も搭載しており、ルックス、走行性能、安全性全てにおいて高いレベルを保っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?個人的には、欧州車であれば上質な内装を備えるボルボV40、国産車であれば、マツダのアクセラスポーツが気になる車種です。

乗り換えようかなと思っている方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら