【マツダ ロードスター NC型】 純正にはないこだわりのツートンカラー

NC型マツダ・ロードスターについて

概要

ロードスターは世界中のファンに愛され、「世界で最も多く生産された二人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックにも認定を受けています。そしてこのNC型は3代目のモデルで2005年11月、2005-2006年日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。マツダとしては1982年-1983年のカペラ/フォード・テルスター以来、通算3度目の受賞です。開発陣はこのNC型を「カーオブザイヤーの受賞を念頭において開発した」とユーザー向けミーティングの席上で発言しており、正に念願成就となりました。
とても素晴らしい車です。

スペック

[エンジン・燃料系]
エンジン型式 LF-VE
最高出力 166ps(122kW)/6700rpm
最大トルク 19.3kg・m(189N・m)/5000rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1998cc
内径×行程 87.5mm×83.1mm
圧縮比 10.8
過給機 なし
燃料供給装置 EGI(電子制御燃料噴射)
燃料タンク容量 50リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
環境仕様
10モード/10・15モード燃費 11.8km/リットル

[足回り系]
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) ダブルウィッシュボーン式
サスペンション形式(後) マルチリンク式
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 205/50R16 87V
タイヤサイズ(後) 205/50R16 87V
最小回転半径 4.7m

[駆動系]
駆動方式 FR
トランスミッション 6AT
変速比 第1速 3.538
第2速 2.060
第3速 1.404
第4速 1.000
第5速 0.713
第6速 0.582
後退 3.168
最終減速比 4.100

Ancar掲載車両のNC型マツダ・ロードスターついて

今回はAncarに掲載中の中古車、NC型マツダ・ロードスターVSを紹介していきます。

車両のオーナー様はこのロードスターを15000km時に購入後、コツコツと手をかけてカスタムし、今まで大事に手入れをして乗ってきました。

外装


NC型はロードスターとしては大きくシャープさが無いと評されるスタイリングですが、スポーツカー全般で見ると、小さいのにどっしりした雰囲気と嫌な威圧感がなく、良いデザインです。
ロードスターはルーフを閉めた時のコンパクトなデザインとオープン時の解放感溢れるデザインどちらも楽しめます。

この車両の主なカスタム点は、純正デタッチャブルハードトップ(白パール)、NC2フロントバンパー(白パール)換装、WORK製kiwamiホイール(白)、BLTZ製車高調、MAZDASPEED製マフラーとなっております。

純正デタッチャブルハードトップはマツダ純正の固定式(取り外し式)のハードトップになります。遮音性、防犯性の向上し、雨漏りのリスクも防ぐ事が出来ます。デメリットは付け外しが大変(一般的に二人作業)な事と幌より重量がある事です。

NC2フロントバンパーは元の年式よりも少し新しいNC2の純正のバンパーで、フォグライト部分のデザインが違い、フロントマスクが少しワイルドな印象になります。

WORK製kiwamiホイールはフランジ部分の強度と剛性を向上し、安全性が高まった独自の技術(ワーク・ソリッド・リム)という世界で唯一の技術を持つ、人気ホイールランキングの上位の会社のWORK EMOTION CR Kiwamiというホイールです。非常に軽いので車体の軽量化につながります。

BLITZ製車高調は減衰の調整が幅広くできる為、街乗りでは固すぎず、もちろんサーキット走行にも対応できます。また、アルミ製のアッパーマウント、ロックシート、ブラケット(一部)を採用しており、高い強度と軽量化を両立しています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら