BMW Z4の中古市場での評価は?

Z4は猛禽類のような美しいボディラインに仕上げられた他、スポーツカーらしい強力なパワーユニットを搭載するなど、どこまでもスポーティーに駆け抜ける歓びを楽しめるモデルです。ここではBMWZ4の特長や性能と中古車市場での評価についても紹介します。

BMW Z4とは

引用元:http://car-me.jp/articles/8154

Z4は、Z3の上位車種として2003年に初代が発売開始されましたが、Z3と比較するとボディを拡大したことが大きな特徴です。搭載しているパワーユニットは発売当初は直列6気筒エンジンのみでしたが、2005年からは直列4気筒も登場してラインナップを拡大しました。評価の高い理由となっているのが美しいボディラインを持つ流麗なシルエットです。シンボルであるキドニーグリルも控えめに、鋭いヘッドライトを搭載しており、高速走行でも風を切って走る姿は目をみはるほどです。2代目に搭載されているパワーユニットは直列4気筒で最高出力184ps、最大トルク27.5kgm、直列6気筒で340ps、最大トルク45.9kgmと高いポテンシャルを秘めており、高速道路からワインディングロードまで駆け抜ける歓びを感じさせてくれます。駆動方式はBMWがこだわるFRであるため、前後最適化された重量配分により、安定した走りを体感できます。2009年から2016年まで発売されたモデルにはリトラクタブル式ルーフを採用しており、急な雨でも遡行中に開閉操作できるのも評価されています。

BMWZ4の内装と足回り

BMWZ4の内装について

Z4の内装は、BMWらしいモダンとシンプルさを重視しています。左右対称のセンターコンソールにはエアコンスイッチ類が無駄なく配置されており、室内を広く見せてくれる他、ドライビング中でも操作性は極めて高くなっています。大径メーターで瞬時に状態をチェックできる他、サイド部分が盛り上がるスポーツシートがコーナリング時にも体を支えてくれるため、安定したステアリング操作を行えます。
ランフラットタイヤを採用していることや固めにセッティングされているため、足回りは硬く感じられます。また運転席よりも助手席のほうが硬さを感じやすくなるという評価もあります。

BMW Z4の2代目の内装

引用元:http://top.tsite.jp/news/car/o/29274663/index

2代目の内装は、よりスポーティーに仕上げられています。左右非対称のセンターコンソールは、Z8を髣髴とさせるような丸型スイッチ類を無駄なく配置しており、クールな印象を感じさせてくれます。センターコンソールにうねりを与えるなど、全体的にクールな印象を放ちます。気になる足回りには、リアにセントラル式サスペンションを採用しているため、急加速してもリアが沈むこともありません。またスポーツカーであることやランフラットタイヤを装着しているため、若干の足回りの硬さを感じることはあります。ただ、高品質シートにより大きく緩和しています。

中古車市場にあるBMWZ4について

BMW Z4初代モデル

BMW Z4は、2016年8月末で生産が停止されているため、購入する際は中古車市場を利用することになります。初代モデルは中古車市場でも多数見つけられます。排気量2500cc、直列6気筒エンジンを搭載したモデルでありながら本体価格で30万円台~217.5万円~217万円前後、支払い総額にすると48万~225万円前後ほどでお手頃です。特に後期モデルのロードスターは、電動オープン機能を搭載しているため、走行中にルーフ開閉できるのも評価されるポイントです。

BMWZ4の2代目モデル

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/BMW%E3%83%BBZ4

BMWZ4の2代目モデルはリトラクタブル式ルーフを採用した他、パワーユニットを選べるのも特徴です。直列4気筒2.0は、走りの楽しみと燃費性能を両立させています。直列6気筒3.0は、パワフルな走りをどこまでも追求しており、リアに専用タイヤを履かせることでより迫力あるシルエットに仕上げられています。
中古車市場では、直列4気筒2.0の本体価格は399万円~438万円前後、支払総額は419万円~453万円前後になります。また直列6気筒3.0だと本体価格208万円~478万円前後、支払総額は289.9万円~494,9万円前後となっており、中古車であれば手に届きやすい価格帯です。

BMWZ4の中古市場の選ぶポイント

BMWZ4初代は故障に備えよう

引用元:http://www.spark-auto.com/46469

BMWZ4は、100万円~200万円前後で購入できるためお得ですが、一方で故障というリスクも考慮しなければなりません。特に大物である電動ソフトトップの油圧モーターやDSXユニット、イグ二ッションコイル、水回りのサーモスタット類やセンサー類などが壊れると数万円の出費になります。そのため中古市場で購入する際に交換済みか、そのままなのかをチェックしておきましょう。特に電動ソフトトップの油圧モーターとDSCユニットは15万円前後もするため、注意しておきたい部分です。また万が一壊れた場合は、ディーラー修理に出すのが基本ですが、専門工場で技術力があれば直せる場合もあります。

BMWZ4の2台目を選ぶポイント

引用元:https://www.cars.com/research/bmw-z4-2016/

第2世代モデルには直列4気筒2.0と直列6気筒3.0のパワーユニットがあるため、よりパワフルな走りを楽しみたい方は直列6気筒モデルがよく、スポーティーな走りに燃費性能を考慮する場合は直列4気筒がおすすめです。また走行距離では1万km~5万kmを超えると価格の下げ幅は拡大する傾向があるので、価格的にメリットを感じられることでしょう。ただ、走行距離が1万km前後と5万km前後のものがあれば、迷うことなく走行距離が短いものを選ぶのが良いです。走行距離が5万km未満であれば故障リスクも減少します。

まとめ

引用元:https://response.jp/article/2018/02/23/306416.html

Z4は猛禽類のような躍動的なシルエットや強力なパワーユニットを搭載しており、走る歓びを感じられるスポーツカーです。2016年で生産が停止されているため、中古車市場でのみ購入できますが、特に初代ではお手頃な価格で販売されており、2代目でも走行距離が短いモデルも多数揃っています。Z4の後継車種はトヨタと共同開発しているとされており、自動車メディアらはこぞって2018年に発表すると予測しています。後継車種が発表された場合は、2代目モデルの価格も下がるため狙い目と言えるでしょう。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション