【BMWZ3】故障のポイントとかかる費用

BMWの中でも生産台数が少ない車種であるため、パーツの不足を懸念する人も少なくありません。実際には日本国内においては整備体制が非常に充実しており、ほとんどの部品について国内で取りそろえることができるので短期間で修理が完了するケースが多くなっています。特に日本国内において比較的故障が多いと思われる足回りについては必要な部品を長期間いつでも利用できるように国内で在庫しており、国産車と変わらぬ期間で修理を完了することが可能です。従来は輸入車であることから海外から部品を取り寄せなければならずその期間がかかっていましたが、現在ではそのような事はありません。

修理期間のかかる部分もあります

引用元:http://www.giulia.jp/dressup/350.html

国内の修理体制が非常に充実していることから短期間で修理を行うことができるケースが大半ですが、大きな部品や重要な部品については国内で取りそろえることが難しく、海外からの供給となることも多いので注意が必要です。またこのような部品の場合は既に生産が終了していることもあり、その数量が少なくなっている部品も多いので注意が必要です。特にオープンボディのソフトトップなどは経年変化も激しくなる部分でもあり、メーカーでもその在庫が不足していることから場合によっては修理が不可能なケースも発生しています。

BMWZ3の修理費用

引用元:http://www.autofine.com/archives/20618

従来は部品を海外から取り寄せることが一般的であったため、費用が非常にかかってしまうことが多かったものです。部品自身の価格もさることながら、海外からの移送費用が膨大となることも多く、オーナーにとっては非常に頭の痛い問題となっていました。しかし現在では日本全国に様々な供給拠点を設立していることから修理体制も充実しており、国産車を修理する場合と遜色ない費用で修理ができることも非常に増えています。特に足回りの修理については従来は日本国内に修理のできる技術者がいないと言う問題もありましたが、経験豊富な日本人技術者も増えており、安心して任せることができる体制が整っています。

まとめ

引用元:http://abs-repair.com/

BMW Z3は既に製造中止となっており、万が一故障した場合には部品の供給や整備がしっかりと行われるのか不安に感じている人も少なくありません。しかしBMWでは近年認定中古車制度を設けており、販売した中古車について一定期間しっかりと責任を持ってメンテナンスを行う体制を整えていることから、万が一故障した場合でも修理をしてくれる体制が存在しています。そのためのスペシャリティカーのZ3も従来に比べ故障等の問題を気にせずに購入できるようになっているのがポイントです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら