【ポルシェ カイエンターボS】カイエン最上級のターボSは別格?!

正しいポルシェといえばケイマンと言われていますが、カイエンのような利益率が高い車種がなければ、正しいポルシェは進化できません。同車種は2代目になってスポーツ車種の様相を呈し、ターボS車種でその色合いが濃くなりました。但し、「いかつさ」では先代がまさります。

ポルシェカイエンターボSとは

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-turbo-models/

ポルシェの新型は、発表されるたびに優れたデザインを有し、エンジニアリング的にも進化しています。911もボクスターもモデルチェンジで軽量化が図られており、カイエンもその流れを受け継いでいるわけです。高級な車もSUVも、パワーを向上させるだけでは魅力がなくなっています。軽量化して燃費を良くすることが、ユーザーに対して訴求力を発揮します。ターボSは4.8リッターを積んでおり、全て電子制御の4WDです。一方、V6では6段MTを選べます。ポルシェには電子制御が積極的に組み込まれていますが、カイエン・ターボSはスポーティな運転には不利な面があります。その不利をカバーするために、電子制御が役立っています。乗り心地と運転性向の両立を目指しており、スタビライザーの効力が加減されます。リアデフの管理をはじめ、内輪制御技術でのコーナリング特性などがあります。その他、前後左右への力配分を管理する仕組みも搭載しているわけです。加えて、ダンパーの減衰性能を調整する仕組みやエアサスとの協調車高調整の仕組みなどが備わっています。

ポルシェ・カイエンターボSの搭載スペックと燃費情報

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-turbo-models/

カイエンターボSパワートレインについて

ポルシェ・カイエンターボSは4800ccV型8気筒エンジンにインタークーラー付きツインターボを搭載したモデルです。最高出力は550馬力でトランスミッションに8速PDKを搭載し、クイックな加速を実現した他に類を見ない大型クロスオーバーSUVです。最高速度が283km/hで、100km/hまでの加速時間はわずか4.5秒と大型SUVとは思えない走行性能を発揮します。早期でクイックな加速を実現するため、コンパクト化された2つのターボが高効率でタービンを回転させ、またきめ細やかなPDKのシフトチェンジがスムーズな加速を促し、高い走行性能を発揮します。

カイエンターボSの燃費について

カイエンターボSは排気量4,800㏄と大排気量のため、燃費は他のモデルに比べて悪いと言いざるを得ないが、先代モデルまでと比べるとやや改善が見られます。無駄なアイドリングでの燃料消費を抑えるためにアイドリングストップ機能が搭載されました。また、高効率コンパクトターボにより燃費が5%~10%改善されました。13km/ⅬがJC08モード燃費として記載されていますが、公道での走行となると7km/L~7.5/L というところです。高速走行時には9km/L~10km/Ⅼまで伸びるでしょう。快適さと走行性能を重視したプレミアムSUVのため燃費年では他のモデルに比べてやや劣ると言えるでしょう。

ポルシェカイエンターボSの新車価格と中古車価格

引用元:https://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne-turbo-models/

中間グレードでも価格差が普通の乗用車1台分

2017年12月16日に発売が開始されたポルシェカイエンターボSは、メーカー希望小売価格で1288万円です。販売店によって実際の販売価格が異なることがあるので確認する必要があります。カイエン ターボSはベースグレードと比べると、希望販売価格は約300万円高くなっており、上級グレードのターボと比べると約530万円安くなっています。中間グレードという位置づけではありますが、その価格差は普通の乗用車の1台分もあるので、それぞれの特徴や性能を比較したり、カイエンに求めるものが何であるのかをきちんと整理する必要があるでしょう。

中古車相場と割安感について

ポルシェカイエンターボSの中古車価格相場は、3年落ちで走行距離が1.6万kmの場合、約880万円前後で販売されています。つまり3年落ちで400万円ほど安くなるということですが、値落ち率は約30%程度であり、割安感ということでは今一つです。5年落ちで走行距離が5万km前後になると価格は500~600万円前後まで下がってきます。新車価格に対して約半額ですので、割安感もかなり出てきます。中古車の販売価格は、年式と走行距離、修復歴の有無、さらにボディカラーやオプションの有無などによって大きく変動します。中古車の玉数も多くはないので、探している人は常に中古車サイトをチェックすることをおすすめします。

ポルシェカイエンのターボSは別格

引用元:http://openers.jp/article/15769

カイエンの上位グレードであるターボS

ポルシェカイエンにはターボSという上位グレードが存在します。ターボSとは名前からも分かるように、ターボを搭載しているハイパフォーマンス仕様になっているポルシェカイエンのことを意味しています。軽快なレスポンス、爆発的な加速力は大柄の車体を忘れさせます。加速力を測ってみても他のSUVよりも頭一つ抜けていて、スポーツカーにも負けない性能を持っています。直進的な速さだけではなく、曲がる性能や止まる性能も超一流です。ただ速いだけではなく、それをコントロールする能力も兼ね備えているという完成度が高い車種です。SUVでも速い車が欲しいのであればこの車で決まりです。

気になるお値段はどうなのか

ポルシェカイエンは高級車なので、新車価格は1000万円に達します。ターボSはノーマルのカイエンよりも値段は張りますが、その価値はあります。同価格帯の車を簡単に紹介すると、メルセデスベンツのSLクラス、マセラッティ、アウディR8などが当てはまります。どの車種もそれぞれ個性があり、色々な特徴を持っています。自動車選びに大事なのは、自分のライフスタイルに合うかどうかということと、自分の好きな車かどうかということが大事になります。高級車を購入するのは簡単なことではないですが、購入するチャンスがあるならば、ポルシェカイエンターボSがおすすめです。

まとめ

ポルシェカイエンターボSは、新しいタイプのスポーツカーをコンセプトにして作られている車です。家族全員で愉しむことができるスポーツカーとして開発されたSUVであり、5ドアで広々とした室内空間が魅力的です。ターボエンジンが搭載されているため、加速性能が高く、車が好きな人にはたまらない車に仕上げられています。内装もラグジュアリーな雰囲気であり、車に興味がない人でも快適に過ごすことができるため、人気が高まっています。アシスタンスシステムもあり、危険を察知してくれるため、安全に運転することもできます。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?