マイスターの誇りか性能の追求か?AMG vs ブラバスエンジン対決!

今やダイムラーAGの一員なAMGと、独立チューナーのブラバス

メルセデス・ベンツ車の高性能バージョンと言えば、昔から日本でもっともメジャーなのはAMG。 元はメルセデス・ベンツのエンジニアが独立開業して始めた工房が、そのレースによる実績で評判が評判を呼び、ついにはメルセデス・ベンツとの提携、そしてブランドを統括するダイムラーAGグループ入りしてメルセデスAMGとなっています。 新車開発段階からAMG車の製作を前提にしてAMGのエンジニアが入っているので、それはもうチューナーというより純正高性能車ブランド。 対するブラバスは、あくまで外部チューナーの立場からメルセデス・ベンツ車をチューニングし、その車にはブラバスのエンブレムを装着するブラバス車メーカーと呼ぶべき存在。 わかりやすいところで、日本でも販売している両社の車に搭載されたエンジンをいくつか抽出して、スペック比較してみました!

CLSクラスチューニングエンジン対決!

AMG CLS63S

型式:M157 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M273E55 排気量:5,461cc 最高出力:585馬力 / 5,500回転 最大トルク:81.6kgm / 1,750~5,000回転

ブラバス CLS-B63-620

型式:不明 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M157 排気量:5,461cc 最高出力:620馬力 / 5,500回転 最大トルク:102kgm / 2,250~3,750回転

概要

最初は中型4ドアスポーツクーペ、CLSクラスでの比較。 AMGも十分過激なんですが、ブラバスはより過激に35馬力アップ! トルクも20kgm以上アップしてますが、AMGの方がよりワイドレンジでフラットな特性、つまり最高出力を発揮する5,500回転近くまで最大トルクを保ちます。 それに対し、ブラバスはAMGより高回転で最大トルクに達し、より強烈なものの早めに落ち始めますが、このトルクバンドは後述するAMG SL63用のM157エンジンと同じです。 ブラバスのHPを見ても特に記述はありませんが、ブラバスCLSのエンジンはSL63用がベースでしょうか?

Gクラスチューニングエンジン対決

AMG G63

型式:M157 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M273E55 排気量:5,461cc 最高出力:571馬力 / 5,500回転 最大トルク:77.5kgm / 1,750~5,250回転

ブラバス G-B63S-700ワイドスター

型式:不明 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M157 排気量:5,461cc 最高出力:700馬力 / 5,300~5,800回転 最大トルク:97.9kgm / 2,000~4,500回転

概要

お次はタフな軍用ベースオフローダーのGクラス。 これもブラバスの方が強力、かつ重量級オフローダーということでCLSと同じエンジンでもその特性を変えていますが、その手法が若干異なります。 AMGは最高出力、最大トルクともに数値を下げていますが、その代わりより高回転までフラットに最高出力発生回転数までトルクがついていき、扱いやすそうです。 ブラバスは最高出力を上げますが、若干低い回転数でピークに達し、そのまま500回転ほど落ち込まない形。 そして最大トルクを下げていますが、CLSクラスより早くトルクピークに達し、より高回転までフラットという意味ではAMGに近いチューニング。 トルクピークを保ってトルクバンドを広く取るという形では両者共通ですが、ブラバスの方が高回転高出力志向で、AMGは明確に実用性重視というのが面白い違いです。

SLクラスチューニングエンジン対決

AMG SL63

型式:M157 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M273E55 排気量:5,461cc 最高出力:585馬力 / 5,500回転 最大トルク:91.8kgm / 2,250~3,750回転

ブラバス SL-B63S-730

型式:不明 V8DOHCツインターボ ベースエンジン:M157 排気量:5,461cc 最高出力:730馬力 / 5,300~5,800回転 最大トルク:108.6kgm / 2,000~4,500回転

概要

最後は贅沢な大型2シーターオープンスポーツ、SLクラスですが、これもAMGとブラバスでチューニングの違いが大きく出ました。 まずAMGですが、CLS63Sと馬力は変えず、トルクはガッチリ10kgmほど太らせてきました。 その代わりにトルクピークに達するのに若干高回転まで回し、割と早めに落ちていくというチューニングで、やや高回転型エンジンという感じですね。 一方ブラバスの方はパワー、トルクともに今回紹介しているブラバス車の中で最強ですが、パワーバンド、トルクバンドともにAMGより広くなっています。 SLではCLSより出力向上型を持ってきた結果、AMGよりフラットトルク感が出ています。

今回はAMGエンジンについてはメルセデス・ベンツ公式HPから。 ブラバスエンジンについては本国のブラバスHPから、それぞれ諸元表を参考にさせていただきました。 もし乗れるなら、どっちに乗ってみたいと感じましたか? 本国のブラバスには日本に導入していない仕様が結構あるので、別の機会に紹介したいと思います! かなり過激な仕様があります。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら