納車までの期間って?実は新車・中古車・新古車で結構違う!

新車の納期はメーカー事情によりけり

契約が済んでしまえばあとは納車を待つだけ!ではありますが、これが新車の場合は納期が車種によってかなり違いが出てきます。

それも「人気車種だから時間がかかる」や、「不人気車だから在庫もあるだろうし、すぐだろう」などとはならないのです。

一言で言えば需要と供給の問題で、ユーザーが発注するだけの数をメーカーが常時生産していれば、それほど時間はかからないもの。

その逆に、メーカーがそれほど作っていない車にユーザーの注文が殺到した場合、一般的な車でも数か月、特殊な車ですと1年や2年先の納車、またはそれ以上の場合もあります。

なぜそのようなことになるかと言いますと、メーカーは需要予測を元に工場での生産計画を立てていることがまずひとつ。

そして、その工場で生産している車に注文が殺到するからといって、工場の敷地や機械設備の数など物理的問題、あるいはその先の需要予測を考えると、安易に増産もできないからです。

そのため、恐らく商談の段階でこう言われるでしょう。

「今発注すれば○○頃の納車になりますが、よろしいでしょうか?」

あるいは、販売店に在庫がある場合はこうも言われるかもしれません。

「希望のオプションが全部ついてはいませんが、こちらなら直ぐに納車できます。」

運が良ければ希望の車がすぐ手に入ることもありますし、生産待ちで数か月から1年以上待つこともある、それが新車というものです。

新古車(登録済み未使用車)の場合は、少し状況が異なる

販売店の在庫には、売れると見込んで発注をかけた車もありますが、その多くはメーカーからの販売ノルマを達成するために発注された車と言われています。

たくさん売る販売店ほど仕入額は安くなりますので、ノルマを達成していないとメーカーからの仕入れ額に影響します。

また、メーカーと販売店の力関係や発言力にも影響しますので、中には大量に在庫を抱える販売店もあるかもしれません。

ただ、仕入れただけでは「販売ノルマ達成」とはいえず、登録してナンバーをつけなければ販売扱いにならないので、販売店は自社名義で登録を行います。

これが「登録済み未使用車」、通称「新古車」です。

このような事情で登録されている新古車は、単に在庫というだけではなく税金を取られますので、販売店としては早く手放したい存在です。

また、最初のオーナーが販売店なので、実質的に新車購入でもワンオーナー車ではなくなり、後に中古車買取価格にも影響が出ます。

そのため、新車でありながら新車より安く販売されることもあるのが狙い目で、納車も名義変更とメーカー保証の条件が満たされる状態にあるかの確認だけですので、納車はかなり早めです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら