もしもホンダが無かったら岡村製作所の消滅は間逃れた?

モーターショーに堂々登場した「ミカサ」

1957年に開催された第4回全日本自動車ショー(現在の東京モーターショーの前身)に、当時としては画期的なオートマチックトランスミッションを搭載したFF車(フロントエンジン・前輪駆動車)が2台展示されました。 その2台は乗用スポーツ車「ミカサ・スポーツ」と、商用ライトバン「ミカサ・サービスカー・マークI」。 製造したのは横浜の家具・産業機器メーカー岡村製作所で、同社は「ミカサ」ブランドにより自動車産業への参入を高らかに宣言したのでした。

航空機メーカーの後進とも言える岡村製作所

岡村製作所が設立されたのは1945年10月。 太平洋戦争の敗戦で航空機産業が停止された日本で、仕事を失った航空機メーカーのひとつ、日本飛行機を退職した社員によって設立されました。 中島飛行機のように財閥解体を受けたわけではありませんが、分割されたカケラのひとつが後に自動車を作ったという意味では、似たような経過をたどっています。 日本飛行機そのものは自衛隊向け部品生産メーカーとなって後には戦後初の国産旅客機「YS-11」を生み、2016年12月現在も川崎重工の子会社として存続していますが、戦後すぐの時期はとにかく仕事が無かったのです。 当初は進駐軍向けスチール家具メーカーから始まってオフィス用家具メーカーとして現在でも高いシェアを誇っていますが、1949年からは産業用機器にも参入。 1952年には岡村製作所自身も朝日新聞社からの注文で国産飛行機N-52を開発しています。 その後 「トルクコンバーター」と呼ばれる流体変速機/クラッチを開発して国鉄(現在のJRグループその他)に採用されるなど、オフィス家具と産業用機器の大メーカーとなりました。 仕事場のデスクに「Okamura」のロゴを見たことがある人も多いのでは?

日本初のオートマ車を開発

「トルクコンバーター」は現在でも自動車用オートマチックトランスミッションに広く使われている機械で、オートマ車に乗ったことがある人ならば、ブレーキを離せば勝手にクルマが進む「クリープ現象」をほとんどの人が体感していると思います。 そのクリープ現象を生み出しているのがトルクコンバーターで、特許を取った米ボルグワーナー式オートマチックトランスミッションが日本でも普及するのは1970年代です。 岡村製作所はそれ以前に開発された、数少ない日本製トルクコンバーター式オートマチックトランスミッションメーカーであり、それを活かしたオートマ自動車メーカーを目指したのでした。 開発に当たって構造などの参考にしたのはフランスのシトロエン2CVで、スペース効率の高い前輪駆動のFFレイアウトや、水平対向2気筒エンジン(586cc)は2CVを踏襲しています。

「ミカサ」出撃!

1955年に完成した1号車は日露戦争の日本海海戦で連合艦隊旗艦として活躍した戦艦「三笠」から「ミカサ」と命名。 「ミカサ」は1号車のセダンのほか、スポーツカータイプのミカサ・スポーツ(後にミカサ・ツーリング)とライトバンのミカサ・サービスカーマークI/マークIIが作られました。 当時はまだトヨタから初代クラウン、日産からダットサン110といった戦後初めて成功した国産量産乗用車がデビューしたばかりであり、その中でもミカサ車は美しいスタイリングとイージードライブを可能にするオートマチックトランスミッションで、一躍脚光を浴びたのでした。

メインバンクに「ミカサ」撃沈さる

しかし、「ミカサ」の量産体制を取ろうとした岡村製作所に対し、メインバンクの三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)から待ったがかかりました。 当時の三菱銀行はホンダを支援しており、その二輪車事業が波に乗ったところであったため、岡村製作所に対しては本業(オフィス家具と産業用機器)への専念を要望したのです。 あるいは、1962年にホンダが四輪車に参入宣言を行う前から三菱銀行に話があったのかもしれません(というより、あったでしょう)。 1960年に岡村製作所は自動車産業への参入を断念し、ミカサ車はツーリングが10台程度、サービスカーが500台程度生産されたのみで「撃沈」されてしまいました。 もしもホンダが無かったら、あるいはミカサが量産されて好評を博し、現在でも続いていたかもしれません。 実際にはミカサ車はそれっきりで終わり、ミカサの自動車用トルクコンバーターも、コニー グッピーとマツダ R360に使われただけで終わりました。

ミカサ・コマーシャルは現存するのか?

生産されたミカサ車は一部が販売された他は岡村製作所の社用車として使われたと言われていますが、確認されている現存車は1台のみ。 岡村製作所の「オカムラいすの博物館」に展示されているミカサ・ツーリングがその唯一の現存ミカサ車と言われています。 しかし、世の中広いもので、実はミカサ・サービスカーを持っている人もいるらしいのですが、どこにあるのか、実動が可能なのかなどハッキリしたことはわかりません。 たった5年だけだった幻の国産車ブランド「ミカサ」は、これからもまだ新しい発見があるかもしれませんね。

次回は無骨なミリタリールックのSUVで名を馳せた、米ハマーをご紹介します。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら