マツダの栄枯盛衰を経験したサバンナとグランドファミリア

マツダロータリゼーションの到達点、サバンナ

1971年9月にデビューしたサバンナは、それまでマツダが推し進めていた「ロータリゼーション」における、ひとつの頂点でした。 世界で初めてヴァンケル式ロータリーの実用2ローターエンジンを開発し、その広告塔的存在としてデビューしたコスモスポーツに始まり、マツダはあらゆる車に自慢のロータリーエンジンを搭載しようとしていたのです。 大衆車のファミリア、カペラ、高級車のルーチェ。 マツダの車種ラインナップ充実と歩を合わせるようにロータリーエンジン車は増えていき、そしてファミリアとカペラの中間的なスポーツセダン / クーペとして登場したのがサバンナでした。 ロータリースポーツとしてはいささか小さすぎてパワー過剰だったファミリアロータリーSS / クーペの後継的意味合いもあり、スペース効率に優れたカペラより若干小さく、ただしスポーツモデルとして幅は広くなっています。

ロータリゼーションに反するような?グランドファミリア

一方、同時にデビューしたグランドファミリアはその名の通りファミリアの上級版でしたが、その内容はサバンナのレシプロエンジン(通常のガソリンエンジン)版です。 ロータリゼーションとはちょっとかけ離れてはいましたが、マツダも全てのユーザーがロータリーエンジンを搭載したスポーツモデルを求めているわけではないと認識していたのでしょうか。 実際、経済的なモデルとしてルーチェやカペラ、ファミリアにはガソリンエンジン仕様があった、というよりそちらが主力でしたから、イメージはともかくレシプロエンジン車のメーカーとしても、やることはやっていました。 ただ、その考えを一歩推し進めてロータリーとレシプロで搭載車を分けたのですが、実際には同じ車なので、単にブランドを分けたかっただけかもしれません。 そうなると「安いサバンナ」「ロータリーじゃない方のサバンナ」という安っぽく地味なイメージがあり、ファミリアの名をつけたことも拍車を掛けたおかげで今や「そんな車あったかな?」という印象になっています。

日本初のスポーツワゴン?

そのようなわけで、サバンナとグランドファミリアでは4ドアセダンと2ドアクーペは前後デザイン以外ほぼ同一。 一番異なったのはグランドファミリアが5ドアの「バン(ライトバン)」をそのラインナップに加えていたのに対し、サバンナは同じ5ドアでも乗用車登録の「スポーツワゴン」でした。 さすがのマツダも商用車にロータリーエンジンを積んで「スポーツバン」にするのも気が引けたと言われますが、後に北米向けトラックのロータリーピックアップや、こともあろうにマイクロバス(!)のパークウェイロータリー26を発売しているので、どうでしょうか。 ともあれ、サバンナはおそらく日本で初めて「スポーツワゴン」を名乗った車でしょう。 乗用車登録のステーションワゴン自体はそれ以前からクラウンやセドリックなどにありましたし、「スポーツバン」とは呼ばれませんでしたが、ホンダのライトバンL700はS800譲りのDOHCエンジンを積んでいました。 しかし「スポーツワゴン」と言い切ったのはサバンナが初で、後に90年代に入ってスバル インプレッサが5ドアハッチバックモデルを「スポーツワゴン」として売り出すより20年以上先んじていたのです。

マツダの栄光と転落


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら