メルセデス、次期CLSを2つの車種に分割してポルシェに対抗する計画か?

「見慣れたブランド名を変更する」といっても、それが「モアパワー!」を意味するなら歓迎です。

メルセデス「CLS」とポルシェ「パナメーラ」は、共通点を複数持っています。 ドイツ生まれで4ドアであるというだけでなく、セダンにクーペライクなデザインを持ち込んだ先駆者でもあります。 ただ、パナメーラはやはりよりパフォーマンス重視、CLSはルックス重視の高級車という路線を貫いているという点において異なっています。 そんなCLSですが、いまでも非常に見栄えがするため、現行モデルのデビューから5年が経過しているとは思えないほどで、そろそろモデルチェンジが必要と言われても意外に感じるくらいです。 このCLS、フルモデルチェンジは2018年を予定しているのですが、実はそのときにキャラクターをがらりと変えるという、大掛かりな計画をしているようです。

今年デビューした新型「Eクラス」の熱心なファンには朗報かも知れません。 次期CLSは、Eクラスと同じプラットフォーム「モジュラー・リア・アーキテクチャー」をベースとするということで、同じような準自動運転機能を多数持つことになります。 メルセデスは簡単にその設定エンジンを明かそうとしませんが、これまでのV型6気筒エンジンに代わって最新型の直列6気筒エンジンが載せられる確率が高いと考えられます。 そして忘れてはいけない、さらなる大きな変更点は、車名が「CLE」に変更されることで、これならますますEクラスのファンも喜ぶことでしょう。 そしてCLSの名は、AMGモデル用に使われることになります。 そしてその理由というのが、実はライバルのポルシェ・パナメーラにあったのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら