シエンタからハイエースまで「ミニバン帝国トヨタ」の車種比較まとめ

国産車メーカーで随一のランナップを誇るトヨタ。ジャンル別にどのような特色があるのかを徹底比較!!


大型ミニバン

カスタムベースに最適なハイエース

アルファード、ヴェルファイア、エスティマ、それにハイエースがこのジャンルです。
スペース効率を重視するならハイエースが断然抜きん出ており、ハイブリッドや走りの質感を高めるための足回りなどは備えていない、信頼性重視の商用車ベースらしい車ではありますが、それゆえに安くて使い勝手が良いのが美徳です。

カスタムカーの土台のような車なので、純正・社外品含めたアフターパーツでオリジナルの一台を仕上げた上で、実用性も求めるならハイエースが最強でしょう。

高級感で勝負のアルファード/ヴェルファイア

アルファードやヴェルファイアには、買ったその瞬間から何も手をつけずとも漂う高級感と、上質な内装、押し出しのあるフロントグリルと、買ってからそうカスタムしない人、最初から数年で売却するのでリセールバリューを期待する人にはうってつけです。

以前はリアサスペンションにコンパクトカーと同じトーションビームを採用していたので、乗り心地や上質感をスポイルする要素がありましたが、2015年のモデルチェンジでダブルウィッシュボーンに変更する事で解決しました。

スマートさがウリのエスティマ

現在ポジション的にやや中途半端なのがエスティマで、高級感や押し出し感というよりスマートな印象を与える大型ミニバンという性格でしたが、今ではモデルとしても古く、個性を出しにくくなっています。
2015年に入ってから月間販売台数が1000台を切る「3桁クラブ」入りの月も出てきて、そろそろモデルチェンジなど巻き返しが欲しいところです。

中型1BOXミニバン

高級モデル「エスクァイヤ」が大成功

ノア、ヴォクシーと、その高級版のエスクァイヤがこのジャンルです。
登場時には「ノア/ヴィクシーに加えて発売する意味」が希薄にも思えたエスクァイヤですが、「アルファード/ヴェルファイア」の弟分的なモデルとしてガッチリと存在感を発揮し、月間販売台数も約5000台と好調です。

トヨタの凄味は、こうしてニューカマーが登場した事で市場を食い合うのでは無く、ノアもヴィクシーもこれまで通り売れ続けている事で、これによりレクサス以外での全トヨタ販売店(ノアはカローラ店、ヴォクシーはネッツ店、エスクァイヤはトヨタ店とトヨペット店)で売れ筋中型1BOXミニバンが出揃った事になります。

トヨタは今後車種整理をする方針なので、あるいはこの3台は将来的に統合されるかもしれず、その布石なのかもしれません。
どの店で買っても満足でき、大型ミニバンほど取り回しに困らないこのジャンルは、これからもトヨタにとって重要なポジションを占めるでしょう。

乗用車ベースミニバン

大型スライドドアのアイシスはモデル末期ながら魅力

FFセダンをベースに7人乗りとしたミニバンで、アイシスとウィッシュが該当します。
両車の大きな違いはアイシスがスライドドアを採用している事で、1ランク下の同じくスライドドアを採用したシエンタがモデルチェンジされた事で統合、消滅予定ですが、ウィッシュは次期モデルが早ければ2016年の早いうちに登場するのではないかと言われています。

これらはミニバンというよりも「いざとなれば7人乗れるステーションワゴン」というべき性格の車で、7人乗りとしてはやや狭く、荷物を積むにも3列目のシートが邪魔で積載能力は高く無い、という「いいとこ取りが中途半端を招いた」パターンに陥ってしまっています。

まだラインナップを残している他メーカーでも早晩消滅するか、少ない販売台数ながらも細々と続けるかという段階に来ていますが、ベースとなる乗用車譲りの走行性能は1BOXミニバンよりはるかに勝るので、次期ウィッシュが登場するとすれば、その個性をどう扱うかが気になるところです。
逆に考えれば、両車とも現行モデルを無理に買う必要は無いかもしれません。

コンパクトミニバン

シエンタはコンパクトミニバンの完成形

シエンタ、ポルテ/スペイド、ラクティスがこのジャンルです。
とはいえ、シエンタ以外は少し前なら「トールワゴン」と呼ばれたジャンルで、現在は2列シートコンパクトミニバンと呼んでもいいかもしれませんが、少し居住性に勝るコンパクトカーという程度です。

本格的なのはやはりシエンタで、シティ派ミニバンだけでなくクロスオーバーSUV的な雰囲気を持たせた活発なコンパクトミニバンで、れっきとした7人乗りモデルでありながらトレッキングシューズのように気軽に乗り回せる軽快性に、ハイブリッドモデルは燃費面でも最大27.2kmとこのジャンルの車としては破格です。

シエンタ自体、パッソセッテの登場で一度は消えたものの、ユーザーからの根強い復活待望論があって帰ってきたミニバンでしたので、現状でホンダのフリードと並ぶ「コンパクトミニバンの決定版」として、しばらくは2015年7月デビュー以来好調な販売台数を維持し続けるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?高級モデルからコンパクトまで隙の無いミニバンラインナップを誇るトヨタですが、その中にはモデル末期を迎えて車種統合により消えていく車種もあります。

それら消え行く車種はやはり何らかのデメリットがあって後継車が出ないという事情もありますので、中古車で購入される時も慎重に考えた方が良いでしょう。

逆に考えれば、例えば「少し大きめの車体で車高が高すぎず、スライドドアの車が欲しい」という希望があれば、アイシスなどはいい買い物になるかもしれませんね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら