こんな中古車には要注意。事故車と金融車の危険性

普段あまり聞きなれない車である金融車ですが、金融車は簡単に言うとローンの担保となっていた車です。基本的に大手の消費者金融などでは車を担保に融資は受けられませんが、そういった大手消費者金融などではお金を借りられないほどの状態となってとなってしまった人が大手ではない消費者金融で車を担保にして借りることがあります。あまり安全なローンとは言えないので金融車にはあまり良い業者は少なく、悪徳業者である可能性が高いのでどうしてもお金が借りられない人が担保にしている車と認識しておいた方が良いでしょう。

金融車のデメリット

金融車のデメリットとして所有者から承諾を得ずに販売している場合が多いため、所有者の名前は変わっておらず使用者が変わっているという状態になっています。そのため、所有者の承諾が必要である名義変更やナンバープレート変更ができません。また、所有権がないと車を処分することもできなくなっています。つまり、金融車は一度買ったら廃車も売却も難しくなってしまうのです。

金融車は完璧にはわからない?

ここまでお話してデメリットがかなり大きいことはご理解いただけたと思います。金融車を避けたいと思っている人もいるでしょう。しかし、金融車は見た目は普通の車と変わらないですし車検証を見ても素人では判断できません。そのため、金融車を回避するには事故歴があるわけでもないのに相場の半額くらいという、なぜか安い車を避けることが一番大事になってきます。また、金融車に多い車種を注目して見ておくことも大事でしょう。

金融車に多い車

金融車はローンの担保に使われるとお話しましたが、ボロボロの車では安すぎて担保になりません。また、売却される前の所有車はお金が底をつくまで借りる人だったわけなので意外と金融車は高級車に多くなってきます。車種は様々ですが、高級車でなぜか安いという車は特に注意しましょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら