【ホンダヴェゼル RS】の特徴や口コミ・評判について

「ホンダヴェゼルRS」はクーペのようなスタイリングと、扱いやすいサイズで国内No.1の販売台数を誇るSUVです。ファミリーユースやパーソナルユースどちらにも使えるところが人気を集めています。今回は、ホンダヴェゼルRSの特徴について紹介していきます。


ホンダヴェゼルRSの特徴について

ホンダヴェゼル rsの特徴①

従来モデルと比較して張り出したフロントバンパーロアガーニッシュによる、精悍さを増したフロントフェイスがエクステリアで最初に飛び込んでくるrsの卓越した特徴といえます。
また俊敏さと力強さをさりげなく主張して、オーナーの満足感を演出するロー&ワイドなプロポーションが印象的な作りとなっています。
但しドライバーの目線が高い為に、小柄な女性や免許取立てで運転自体に慣れていない人でも容易な車両感覚の把握と取り回しの利便性が追求されたタイプとなっているのです。
そして他車と比べて圧倒的に強調されている18インチアルミホイールの存在感は同系列タイプの車両においても群を抜いており、ヴェゼルのもつ力強さと美しさはそのまま従来モデルを受け継いだ上で、ドライバーの走りに対する欲求を駆りたてるフォルムとなっているのも大きな特徴と言えます。
このように抜群な運転のしやすさを保持しつつも、rs特有の走りに手を抜かない開発者の想いがいろいろな場面においてドライバーの感性を刺激しているのです。

ホンダヴェゼル rsの特徴②

前述したモデルのインテリアについてですが、スポーツモデルの最高峰であるrsの名に恥じないスパルタンなコクピットが目を引きます。
運転席はドライバーを包み込むように構成されている大型の液晶ディスプレイや多機能なスイッチ類が運転の妨げとならないように理路整然と配置されてるのが印象的です。
ひと昔前のクーペタイプの車には必要不可欠だった、乗り込んだ瞬間からすでに始まる運転者が期待するコクピットを前提に作成されてるのがひと際目に付くポイントとなります。
また細かい部分としては毎回手に触れる部分に関しては柔らかな質感で構成されるソフトパッドや、上質でワンランク上の待遇を勘違いしてしまうような色づかいなど、本来の開発者が提唱してきた空間そのものの心地良さにもこだわっているのです。

ホンダヴェゼル rsの特徴③

rsモデルに搭載されるエンジンは1.5リッターのVTECエンジンが搭載されており、そのエンジン性能は小排気量とは思えないほどにトルクフルな走りを演出しております。
信号待ちからの加速や高速道路などでの走行安定性はさることながら、J08燃費モードにおけるリッターあたりの走行距離数は20km近くを記録しているのです。

ホンダヴェゼル rsの歴代モデルについて

ホンダヴェゼル rsの歴代モデル①

元々はコンパクトSUVというコンセプトの元で、万人受けするユーザーの動向を調査した上で発表されたモデルとなっております。
目線が高いのは先代から受け継がれた特徴のひとつですが、元々SUVがコンパクトをモットーに設定されただけで走りの醍醐味を味わうことができるタイプかと問われると少々野放しで喜べるかは疑問となっていました。

ホンダヴェゼル rsの歴代モデル②

前述したドライバーの懸念を最小限に改良したのがrsモデルであり、走りを意識した作りとなっているのがウリとなっているモデルでもありました。

中古車価格について

ホンダヴェゼル rsの歴代モデル①

ガソリンタイプとハイブリッドタイプに大別されますが、燃費が悪い傾向とされている前者においてもリッター公表値は一般道でリッター20km以上をマークしております。
中古車市場では圧倒的にハイブリッドモデルが多く、ガソリンモデルと比較しても前者を選択するユーザーが増加傾向にあるのです。

ホンダヴェゼル rsの歴代モデル②

元々このクルマには一般色の強いユーザーをターゲットとしておりましたが、従来のモデルからは走りの内容で一線を画す結果となっているのが大きな違いとなっております。
この追加されたモデルはrsとなっており、一気にスポーツ色の高いニューモデルとして注目されているのです。
中古車市場の価格としてはだいたい150万円から300万円までとなっており、やはりハイブリッド車は高価となる傾向にあります。

rsモデルがおすすめであるということ

推奨モデルの燃費について

rsモデルは前述した走りに特化対応しており、ハイブリッド車とガソリン車に分かれるものの燃費性能としては下記の通りとなっております。
ハイブリッドモデルの平均燃費としては、メーカー発表値として27kmほど。
ガソリンモデルの平均燃費としては、メーカー発表値として19kmほど。

推奨モデルの維持費について

ハイブリッドモデルでは前述した燃費性能や、環境保全に特化した国よりのエコカー基準に応じてある程度の割引が期待できるのです。
なおガソリンモデルにおいても、そもそもの総排気量が1500ccということから各種税金やガソリン代などを考慮しても驚くほど高価な維持費を要求されるということはないので比較的どちらのモデルをチョイスするかはユーザーの好みの問題で左右されています。

rsモデルについていてほしいオプションについて

オススメオプション①

必ずオプションとして注文しておきたいのは、ナビゲーションシステムと連動して動作する【ナビ装着用スペシャルパッケージ】といえます。
ディーラーオプションナビゲーションシステムに連動してバックカメラやETCなどの情報とも連動するので、より一層車内を快適空間とすることができるのです。

オススメオプション②

rsという走り重視のモデルであることからエクステリアでもスポーティさを強調しておきたいところですが、その希望にうってつけなのが他車とは一味違う演出となるフロントグリルとより空力性能に貢献したテールゲートスポイラー、そして車内演出をより高級に際立たせるLEDイルミネーションになるのです。

まとめ

このホンダヴェゼルrsタイプはSUVでありながらも非常に走りに洗練されており、これまでのSUV車とは一線を画した装備や機能が目白押しと言えます。
またSUV車にありがちなもっさりとしたストロークとトルクが貧弱で出足からの加速がもたつくといったストレスから開放されており、きびきびと走る様は車本来の楽しみとなるドライバーとの一体感を感じることの出来る仕上がりとなっているのです


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら