軽自動車の維持費|軽自動車にかかる維持費5つと費用を抑えるポイント

結論から言って、軽自動車の自動車税(軽自動車税)と重量税は普通車よりも安く設定されているため、税金面では軽自動車が優遇されていると言えます。例えば自動車税の場合を見てみましょう。軽自動車は一律10,800円ですが、普通車は排気量によって変わり最低でも25,000円から必要です。また、重量税も同じく、普通車よりも軽い軽自動車は一律で税額が決まっているのに対して、普通車は0.5トンごとに税額が変わります。

軽自動車の維持費を抑える3つのポイント

ここからは、軽自動車の年間維持費を抑えるためにできること、またそのためにやっておきたいことについて紹介いたします。軽自動車の年間維持費が予想以上に高額だったということはないでしょうか。車というものは、保有しているだけでも税金がかかる上、メンテナンス費用や駐車場代も意外と高いものですが、節約する方法はもちろんあります。

軽自動車の維持費を抑えるポイント1:任意の自動車保険は毎年見直す

軽自動車の年間維持費を抑えるには、まず任意の自動車保険料を見直し、安くて自分のニーズに合う保険を探すことです。安いからといって選んでしまうと、肝心の保険がニーズに沿わないものもあります。大切なことは、自分が欲しいオプションをつけ、その中でも最適な保険料はどこの会社かを調べる事です。今はネットで見積もりを出してもらうことも簡単なので挑戦してみましょう。

軽自動車の維持費を抑えるポイント2:格安な駐車場を探す

車の維持費の中でも駐車場代はかなりの比重であるため、格安の駐車場を見つけることができれば、それだけで維持費を抑えることが可能です。首都圏では高額な駐車場代ですが、ちょっと郊外に出てみれば10,000円程度に抑えられる地域があるでしょう。また軽自動車なら普通車よりも狭いスペースで良い分、安くなるケースがあります。

軽自動車の維持費を抑えるポイント3:ガソリン代を節約する

車を運転するには欠かせないガソリン代もまた、いくつかの方法で節約することが可能です。セルフでの給油を心がけ、急発進やアイドリングをせずエコな運転をし、なるべくエンジンブレーキを活用したりスピードを上げ過ぎたりしないよう工夫しましょう。また、メンテナンス面で気をつけておくこととしては、エンジンオイルをこまめに交換することやタイヤの点検を適切に行うことです。燃費面だと、重い荷物はなるべく乗せないなどの節約法があります。

価格も手ごろで維持費も安い軽自動車なら維持費が節約できる

 

今回の記事では軽自動車の維持費について解説してきました。軽自動車に必要な維持費の中には、税金や保険料など削ることが難しい費用もありますが、ガソリン代や駐車場代など工夫次第で抑えることができます。とくに軽自動車は普通車に比べて維持費が節約しやすいため、節約ポイントを押さえて、お得で快適なカーライフを目指しましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら