ランドクルーザープラドの維持費は高い?5つの維持費|1万キロ走行の燃料費も解説

ランドクルーザープラドの年間維持費内訳として、車検費用を細かく見ていきましょう。車検の内訳は、自動車重量税・自賠責保険料・印紙代の3つの法定費用が基本となっています。また、もし部品を交換する必要があるとすれば、その費用が追加で掛かってきます。

自賠責保険料

プラドの維持費である自賠責保険料は、相場だと2年間で約25,000円です。自賠責保険とは、法律で加入を義務付けられている保険です。プラドの維持費として必ず換算しておくべき料金です。万が一の場合は被害者と自分の分を負担してくれる大切な保険です。これは車検と同じタイミングで加入するため、まとまった金額で支払いを行います。

第五条 自動車は、これについてこの法律で定める自動車損害賠償責任保険(以下「責任保険」という。)又は自動車損害賠償責任共済(以下「責任共済」という。)の契約が締結されているものでなければ、運行の用に供してはならない。(保険者及び共済責任を負う者)

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search…

重量税

ランドクルーザー プラドの重量税は2年分で41,000円です。プラドは車両重量が2040kg〜2090kgあるので、エコカー減税対象にはなっていません。その点は注意が必要です。

印紙代

指定の工場でプラドの車検を受けた場合の印紙代は1,100円です。印紙代とは、車検審査の際に発行される車検適合証の手数料のことです。また整備工場には、指定と認定があります。認定工場で車検を受けた場合の印紙代は、比較的高くなります。

結局合計の維持費は年間いくら?

ここまで紹介してきた維持費を合わせて、ランドクルーザープラドの年間維持費は合計で年間約23万円と言われています。ただし、これは基本的な維持費です。走行距離が増える場合や、故障や事故、内装を変えるなどのメンテナンスが必要だと、さらに料金が掛かるので注意が必要です。プラドは車体やエンジンが一回り小さめに出来ているため、一般的なランドクルーザーと比べると維持費が掛かりませんが、予算は多めに用意しておくことをおすすめします。

1万キロ走行したプラドの燃料費は?

先ほどは一般的な走行距離の8000kmで年間維持費を出して124,000円前後でした。もし、ランドクルーザー プラドで1年で1万キロ走行した場合、燃料費は年間155,555円となります。たった2000kmの差で年間3万円以上も変わってきてしまいます。アウトドア向けの車のため走行距離は長くなりがちです。燃料費も自分の想定よりも多く見積もっておくべきでしょう。

プラドを購入するなら年間の維持費を把握しておく事が重要

ランドクルーザープラドの維持費が意外と掛かることがお分かりいただけたでしょうか。しかし、プラドはランドクルーザーの中ではひとまわり小さいサイズなので維持費はお得な方です。ランドクルーザーとしてはコンパクトですがパワーは変わりませんので、大変おすすめの人気車種です。基本的な維持費を払い続けることができる方はぜひ、大人気のランドクルーザープラドの購入を検討してみてください。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら