『ワイルドスピード』でポール・ウォーカーが好演した役は、いずれ蘇るか!?

決して、季節外れのエイプリルフールのジョークではありません!

人気カーアクション映画シリーズ『ワイルド・スピード』の名俳優ポール・ウォーカーは、2013年秋に遭った事故で、最新作が未完成のまま亡くなりました。 しかし最近になって、その映画に関する新たな情報が持ち上がっているようです。 ドラマ・映画情報サイトの『ダークホライゾン』は、『エンターテインメイント・トゥナイト』(ET)がポールの弟カレブ・ウォーカーに対して行ったインタビューを取り上げています。 それによると、ポール・ウォーカーが演じていた登場人物ブライアン・オコナーが、いずれ復活を果たすかも知れないというのです。 これは、単なるジョークではありません。 カレブは、第7作目となる『ワイルド・スピード』の計画が進む上で、自らがその役を引き受けるという発想に至ったと、ETに語っています。

ただしそのアイディアは、2017年4月14日公開予定の第8作(原題:”Furious 8″)には反映されないということです。 カレブによると、「(もう1人の名俳優である)ヴィン・ディーゼルと1時間ほども電話で話したんだ。それについて真剣に話し合った。彼は、僕も含めた同意が欲しかったようで」とのことです。 特に、ディーゼルにしてみると、「ポールの役をもう一度世に出しても良いか、知りたかった」ようです。 大勢のポールのファンに向けて、まだ彼が存在している、というメッセージを発するために…。 それがディーゼルの気持ちだったようですが、ユニバーサルとしては、ポール自身とその家族、そして本人のイメージにあくまで忠実でありたいと望んでいるようです。 まだ何も公式には発表されていませんが、それでも結末は、神のみぞ知るといったところです。 もしかすると、数年後に”Furious 9″でオコナーが還ってくるかも知れません。 もう1つ、来年公開予定の”Furious 8″については(新たなスピンオフが出るまでは)とりあえずのシリーズ総まとめとして、三部作で登場するということですが、こちらも忘れてはなりません。 ポールが天国から笑って観てくれるような、オコナー再来を期待したいですね!

Paul Walker’s Character Coming Back For More “Furious” Movies?Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら