車内はとても汚い!車の掃除に適した掃除機

車が汚い人の心理として考えられるのは、そもそも掃除自体に意識がない可能性があります。きれい好きな人は日頃から汚れに対して意識しており、変化にも気づくかもしれません。しかし掃除に無頓着な人はその汚れに気づくことはないです。汚れている意識もなくそのままにすることもあれば目に入る範囲のゴミを捨てるだけで胸を張って掃除をしたという人もいます。掃除に興味がない人は一度掃除に対して興味を向けることから始める必要があります。

そもそも時間がなく掃除できない

とても忙しい生活をしている人は一定数います。予定をカツカツに入れるあまりに家へ帰ることがあまりなく、ホコリが溜まっていきます。家にいる時間があまりない人は家にいるのが好きではない人が多いように感じます。そのため家にいる時間があれば外に出る予定をたててしまうことがあります。掃除する時間のない人はゴミを定期的に出すことも難しく、ゴミが溜まってしまうことも予想されます。そういう人は業者に頼んで掃除をしてもらうか、ゴミを片付けることよりも時間に余裕を作るのが先かもしれません。

車内に適した掃除機は?

車の室内を掃除する際に最も必要なのは手軽さであると感じます。備え付け掃除機はコイン洗車後に掃除できるという手軽さがありますが毎回同じ吸引力で掃除できるということはなく運任せな面があります。では手軽さを兼ね備えた掃除機はどのような掃除機なのでしょうか。

ソケット対応掃除機

この掃除機は車での使用を想定して作られています。車に搭載されているソケットから給電することで外部のコンセントの近くに車を止める必要がありません。またソケットから給電していますが吸引力も優秀であり、自動車車内での使用に耐え得る性能を持ち合わせています。また掃除機のメンテナンスは掃除機の性能を保つのに大切な行為です。この掃除機はフィルターがステンレスでできており、繰り返しフィルターを使用できながら高い耐久性能を持ち合わせています。

USB給電式掃除機

USB給電で動く掃除機はさまざまな場所で使用できます。車に搭載されているUSBポートに差し込めば簡単に使用でき、コードが届かない場所の掃除はモバイルバッテリーに差し込めばコードの心配なく使用できます。メンテナンスも手軽でフィルターは掃除後水洗いして乾かすだけで完了できるのでとても簡単です。また片手で持てるサイズの掃除機なので細かい場所の掃除に適していますが大きく掃除したい時には時間が掛かってしまうというデメリットがあります。

コードレス掃除機

車の室内を掃除する時に最も活躍するのはコードレス掃除機です。ハンディタイプでありながら高い吸引力を持っており、細かいものから大きなものまで吸い込むことができます。また高い吸引力のおかげでシートのの細部まで掃除できます。排出される空気もきれいで、掃除して逃げる空気から出るゴミを減らすこともできます。またゴミを捨てる際はワンタッチで捨てることができ、手軽にメンテナンスも可能です。しかし、コードレス掃除機のデメリットとしてバッテリーに縛られてしまうことが難点です。バッテリーの充電に時間がかかることが多く、一度バッテリーが切れてしまうとしばらく掃除することができません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら