マスターのハコスカGT-Rが憧れ!エンスー漫画”GTroman”の魅力

エンスー漫画「GT roman」とは?

静岡県沼津市に実在しない(はず)のカフェ「roman」。 一見するとサングラスも渋い、若い頃はいろいろと鳴らしたんだろうな…というチョイ悪マスターが経営している、コーヒーとスパゲッティ(当時は「パスタ」なんて言葉使わなかったもんです)がウマくて、ウイスキーやバーボンも美味しく飲める店。 しかしそんな「食べログ」的感想はどうでも良くて、問題はそこに来る一癖も二癖もありそうな客たち。 ほぼ全員がクルマ好きで、しかも名車から迷車までクセ者揃い。 ちょっと話が盛り上がれば「romanまで競争だ!」あるいはromanから公道レースが始まる、そんなクルマ好きにとっては夢のような店なのです。 さてさて、今日は果たしてどんな車が現れるのでしょうか?

「roman」と言えば外せないこの1台

数々の名車を紹介する前に、やはりこの1台はぜひとも紹介しておきたいのが、マスターのGT-R。 それもR32~35の近代GT-Rではなく、初代で途中から追加されたKPGC10型スカイラインGT-R2ドアハードトップ、これがカッコ良かった! romanの常連、タケシ君がデートのために借り出すんですが、昔のキャブレター車特有の「エンジンがけの儀式」で危うくプラグをカブらせるところだったりと、もうエンジンをかけるところからドキドキする車です。 余談ですが、筆者は後にダイハツ ミラターボのキャブレター仕様を愛車にしましたが、このエピソードで覚えた「儀式」はミラターボでも非常に役立ちました。 気難しいエンジンを一発でかけるというのは気持ちがいいものです。 そしてマスターのドライブで峠を攻めるGT-Rのエピソードも気持ちの良いものばかり。 デビューしたばかりのR31スカイラインGT-S(時代を感じます)を派手なパワースライド走行で前に行かせなかったり、ポルシェ911カレラRSRとの激闘、ベレットGT typeRとのランデブー走行、同じS20エンジンを積んだフェアレディZ 432との同門対決。 とにかく好エピソードが多かったですね。 これでGT-Rを好きになった少年たちにとっては、R32以降のスカイラインGT-Rは「速いけど、永遠の憧れはKPGC10かな」という人も多いでしょう。 ある意味、R32~34スカイラインGT-Rのファンが、R35GT-Rに思うところに似ているかも?

スーパーカー世代の狭間


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら