【トヨタ ハリアー vs SUV人気車種】特徴、価格、サイズを徹底比較!!

こんにちは。寒い冬が本格化し、北海道や日本海側の県など寒い地方では雪が降り出している場所も多くなってきました。そんなときには雪に強いSUV車が欲しくなりますよね。今回はそんなSUV車の大人気車種の一つであるハリアーと同クラスのSUV人気車種を比べてみたいと思います。

ラグジュアリーでかっこいい大人気のハリアーに対して、他のSUVとどのような違いをしているのか必見です!

トヨタ ハリアーとは?

もしかしたら、この記事をご覧になっている方であればハリアーの説明は不要かもしれません。しかし、この記事で他車と比較するため一旦情報を整理しておきましょう!

ハリアーとはトヨタが販売しているSUVです。現在モデルは2013年から発売されており、2017年にモデルチェンジを果たしました。発売から4年でマイナーチェンジも行ったばかり、なおかつ現行車の販売が好調なことからも新型が発売されるのはもう少しあとになるでしょう。次のモデルではまだ採用されていないトヨタのプラットフォームであるTNGAが採用されると思われるため、さらなる乗り心地の進化が予測できます。

日本車では珍しくエンジンの選択肢が多く、2リッターNAエンジン、2Lターボエンジン、2.5Lハイブリッドとディーゼルエンジン以外のエンジンであれば選択できる車種となっています。

私が乗った際に感じたのは一番の売れ筋である2リッターNAエンジンでは若干の力不足を感じるところがあり、ターボエンジンもしくはハイブリッドの購入をおすすめします。

2LNAエンジンでは実燃費で12Lとなっており、ライバル車のハイブリッドエンジンやディーゼルエンジンを搭載した車ほど低燃費ではありませんが、このクラスのSUVとしては良い燃費と言えるでしょう。

実売価格では350万円〜となっており、値段的には”少し背伸びした高級車”といった感じでしょうか。

ハリアーの魅力といえば

  • SUVと感じさせない高級感があり流れるようなフォルムを描いている外観
  • 前席、後席どこに座っても感じられる高級感のあるインテリア
  • トヨタの誇る安全装置のフルバージョンが装置されている
  • 高いリセールバリュー

この4点ではないでしょうか?

実際に、女性からモテる車といえばハリアーと言われることも多く、それだけ外観や内装が優れているという車なのがハリアーです。

私の友人がハリアー所有しており乗る機会がよくあるのですが、手の触れる部分(ハンドル、取っ手、肘置き、シートなど)に高級感を感じる革素材を利用しており、良いものに乗ってるなと感じます。そして、同時にこのような車が350万円から乗れるのであれば、コストパフォーマンスも高いなと感じます。

また、トヨタの誇るセーフティーシステムである『Toyota Safety Sence』の最上位版である『Toyota Safty Sence P』が装着されています。自動ブレーキはもちろんアダプティブクルーズコントロール、オートマチックハイビームなど先進的な車に装着されている装備がハリアーにも装着されています。長距離ドライブが多いという人には、ついていると嬉しくなる装備の一つですね。

最後にハリアーのメリットとしてリセールバリューが非常に高いということです。SUVの中でも人気車種ということもあり、中古車でも値段があまり下がらず常に市場から求められている車になります。つまり、売却する時に手元に残る金額が多いということになります。これはハリアーを選ぶ大きなメリットの一つになります。

ハリアーと人気他車種の比較

ハリアー vs CH-R

ハリアーと同じトヨタ車で最近発売されたCH-Rもハリアーと同等な人気を集めるモデルです。

サイズ感などはハリアーより一回り小さいですが、同じトヨタ車ということもありこの2車種を比較検討している人も多いのではないでしょうか?

CH-Rはハリアーのデザイン思考とは少し異なり、コンピューターグラフィックで描いたような近未来的デザインをしています。ハリアーが誰もがかっこいいと思うデザインであれば、CH-Rは好きな人と嫌いな人が分かれるデザインをしています。ここは好みに応じて選ぶしか無いですが、私はCH-Rのデザインは好みです。

外観の印象からデザインが個性的なだけの車かと一瞬感じてしまうのですが、車を動かし始めるとそのような印象は一瞬で消えてなくなりました。ハリアーよりも良いのではないかと感じるほど乗り心地が良いのです。また車のシャシーがしっかりしておりドライビングもハリアーより楽しいと感じました。エアコン調節などの操作をするボタンも操作しやすいボタンの作り、配置になっており印象がよく感じました。またナビの位置も目線をずらさず見える位置に設置できるなどドライバーに寄り添った配置となっていました。このあたりはハリアーよりもCH-Rが勝っている点です。

難点を挙げるとすれば、少し後席のスペースが狭いというところでしょうか。若干クーペのように後部座席のルーフが下がっている設計になっているため、天井周りを中心に狭く感じました。このあたりはデザイン上仕方の無いことですがハリアーを乗った後では窮屈に感じました。

求めるものが、ドライビングの楽しさで、デザインが好みであるならCH-Rを選択するというのは賢い選択なのではないかと感じました。RAV4ベースで作られているハリアーは少し基本設計が古いため、乗り心地などはTNGAプラットフォームで作られているCH-Rに負けてしまうのは仕方がないことですが、価格が一回り下のCH-Rに負けてしまうのは少し悲しいですね。このあたりは次回のモデルチェンジで解消されると思いますので期待しましょう!

ハリアー vs 日産 エクストレイル

ハリアーと同程度のサイズでよくライバル車として挙げられるのが日産のエクストレイルです。ハイブリッドグレードの設定があるなどエンジンの部分でもハリアーに似ています。しかし車としての性質は全く異なっており、エクストレイルは本格的な4WDシステムが搭載された本格的なオフローダーであるのに対し、ハリアーはSUVの特性である車高の高さなどをスタイリングに活かした、基本的に舗装路を走る人に向けたSUVです。

その差は内装などにも多く現れており、エクストレイルは「防水シート」という濡れても拭けばすぐにもとに戻るシートを採用しています。このあたりはハリアーの高級感があるもののデリケートな革とは少し違った設計がされています。

乗り心地に関しては、正直互角と言ったところでしょうか。ハリアーもエクストレイルも思っていたよりも乗り心地がよく柔らかいため、同乗者に対しても不満の無い乗り心地を与えてくれます。

このあたりは、従来のSUVをイメージして乗車するとびっくりする点です。まったくもってSUV本来のゴツゴツしたイメージはこの2車種には当てはまりません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら