M3/AMG C63/S4/ジュリア クアドリフォリオ|特徴、スペック、価格を徹底比較!!

BMW M3が431馬力のなかC63は510馬力を発生するエンジンを備えており、その加速は異次元のものと感じました。実際にドラッグレースのタイムなどもM3よりも速いタイムを実現しており、そのパワーは凄まじいものを感じます。

M3よりも車を滑らせやすく、AMGがC63をスポーツ性能に振り切って開発したのであろうと感じる出来でした。

それとは反対に、インテリアデザインはM3よりも、スポーティーさが少なく感じられます。インテリアに関する好みは人それぞれですが、使っているマテリアルなどの質感は高く、私にとっては単純に「良いな」と思えるものになっていました。このあたりはM3・C63ともに、ベース車である3シリーズやCクラスの流れを汲んでいるなと感じました。

少し気になったことは、シートポジションの高さです。エンジンはM3よりもスポーティーにできているにもかかわらず、C63はシートポジションが高く、コンセプトに対して不揃い感がありました。楽しいと思わせるエンジンを作っているのにもかかわらず、そのような体験をシートポジションで壊しているという部分にもったいなさを感じます。単純にエンジンを高性能なものに変えて、足回りを強化するではなく、シートなどから作られるスポーティーさも大きいと思うので、この部分が改善されるともっと良いプロダクトになると感じました。

Audi S4 アバント

AudiのS4 Avantを最初に見た時に感じたのが、A4 Avantとの違いがあまりわからないということです。A4 AvantのS-Lineとほとんど見分けがつかないほど、過度なスポーティー感を演出するデザインがされていなかったということです。この部分に関しての好みは人それぞれで、ジェントルな印象を残すS4 Avantが好みという人もいます。私もその一人で、普段遣いのしやすいS4 Avantは普段は速度があまり出せない日本という場所で使うには良い車だと感じました。また、この4車種の中では唯一のAWD車(クアトロ)であり、ワゴン車です。FR車よりも走行安定性が高く、荷物の積載可能量も大きいのでこの4車種の中で最も普段遣いに向いている車と言えるでしょう。

しかし、そのパワーは猛烈で0-100kmを4.7秒で走り抜けます。またAWDシステムで全輪を使って車を前進させるため初速の体感は4者の中で一番強く感じました。

しかし、通常の利用時にはそのようなパワーがあるとは思いもさせない快適なクルージングができる乗り心地になっていました。また実燃費も約10kmを記録しており、経済的にも優位な車だと感じました。

海外では、もっとスポーツ性能を高めた新型のRS4が販売されていますが、現在日本では取り扱われていません。そちらは、S4 Avantよりもスポーティー感も増しており、その車もラインナップに加わればますます車選びに迷ってしまいますね。

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ

日本ではあまり見ることのない、アルファロメオの「ジュリア」をベースにして開発されたスポーツセダンが「ジュリア クアドリフォリオ」です。他の3車種がドイツ製でこの車のみがイタリア製になっています。

この車を見た時に感じたのが、独特なデザインを持っているということです。もちろん、M3やC63、RS4(3シリーズ、Cクラス、A4)は日本でも見ることができる車種のため、あまり見ることのないこの車に対して違った印象を得たということもあり得ます。

しかしホイール形状やリアのデザインなどはドイツ車にはないデザイン性を持っており魅了に感じました。例えるならば、ドイツ車は真面目な好青年な男性、イタリア車は好青年という感じではないが、一定層の人から熱烈に好かれる男性といったような他の車種と違った面を持っていると思いました。

しかし乗ってみると走りはジェントルで足回りも思ったよりも柔らかく、速度を出さないクルージングにも十分に対応できる懐の深さを見せてくれました。

デザイン性や、走行性能に対して不満は感じなかったのですが、ナビ周りの設計が完璧に手が抜かれていると感じました。日本語の翻訳は怪しくナビ性能も高くないと感じました。Carplay(iPhoneを繋いで車内ディスプレイに映し出す機能)を使う前提で設計されていると感じました。車の性能に直接関係する部分ではないですが、1000万円近くする車でこの出来は、購入した人に不満を抱かせると感じてしまう出来でした。(もちろん、この車を購入する人はそのような部分をあまり気にしないとは思うのですが…)

まとめ

いかがでしたでしょうか?どの車も程度の差はありますが、普通のセダンとして使える車にスポーツ性能を加えている利便性とスポーツ性能を両立している車でした。とはいえそのスポーツ性能も妥協したものではなく、並のスポーツカーでは追いつけないほどの加速性能を持っている車でした。

このような車を購入する人は多くはないと思いますが、利便性も運転の楽しさお諦めたくない人にとってもってこいな車となっています。

購入の際にはぜひ参考にしてみてください。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら