【60’s日本車シリーズ】ダイハツ・コンパーノとPシリーズレーシングカー

ダイハツのレースへの思い、そしてクルマへの思い。

ダイハツのレースにかける思いと、短くも大きな夢

◆初の乗用車「コンパーノ」でレースデビュー

ダイハツ「コンパーノ・スパイダー」。トヨタ「スポーツ800」やホンダ「S600」「S800」と同時期のオープンスポーツカーだった。

トヨタ・スポーツ800やホンダのS600/800の同期にはもう一台のスポーツカーがありました。

イタリアンデザインのオープンカー、日本初の機械式インジェクション(燃料噴射装置)、排気量も800ccから始まり、後期は余裕の1000cc、それがダイハツの「コンパーノ」です。

「ダイハツ・コンパーノ・クラブ」という愛好会(略称DCC。後にDCCS「ダイハツ・クラブ・オブ・スポーツ」というJAF加盟モータースポーツクラブとなる)も存在し、人気もあったのです。

1965年には「コンパーノ・スパイダー」がレースデビュー、7戦のレースで2回の優勝を記録し、翌年のレースに繋げていくのでした。

◆ コンパーノ改「P1」と日本版アバルトレーサー「P2」

コンパーノスパイダーを空力面でカスタマイズしたダイハツワークス初のオリジナルレーシングカー「P1」。「P1」と「P2」はレースへの出走も「コンパーノ」名であったためか、後世に残された写真や映像が極端に少ない

1965年レースシーズン後半の「コンパーノ」には、実はエントリー名こそ「コンパーノ」なものの、姿形の異なる2種類のレーシングカーが実験的に参戦していました。

コンパーノ・スパイダーのフロントノーズを伸ばして整形し、整流効果の高いハードトップを装着して空力を改善処理した「P1」と、セダンのコンパーノ・ベルリーナのボディをイタリアの「アバルト」風の流麗なものに改造した「P2」です。

当時の日本のレースではまだ空力に配慮したボディというのが少なく、メーカー系レーシングカーの中ではダイハツが先んじて取り入れた形となりました。

◆「ダイハツのピー子ちゃん」究極のコンパーノ改P3

「ピー子ちゃん!」とサーキットアナウンサーに声援を送られながら走るダイハツP3

続いて1966年にデビューしたのが「P3」です。

ズングリとしたボディに鳥のくちばしのような鋭いノーズ、そして尻上のダックテールを備えたアヒルかヒヨコのような姿は、黄色のボディカラーも相まって、よく言えばユーモラスな姿でした。

それでいてコンパーノから1300ccに排気量アップした、当時としては先進的なDOHC16バルブエンジンを搭載したので、小さいながらもハイパワーなのです。

1966年5月の第3回日本グランプリに現れた2台のP3は、トヨタ2000GTやプリンスR380、ジャガーXKEといった大排気量車を相手に健闘し、完走9台中7位、同クラスのロータス・エリートやアバルト・シムカを抑えてクラス優勝を達成していました。

この時、サーキットのアナウンスは小さくユーモラスな姿ながら懸命に走るP3を見て、「ダイハツのピー子ちゃん!」と連呼し、声援を送ったと言われています。

かわいい「ピー子ちゃん」でしたが、7月の「富士ツーリストトロフィーレース」では何とスカイラインGTを抑えて総合優勝し、「かわいいだけでなく速い」事も証明したのです。

◆ダイハツ最初で最後の本格レーシングカー「P5」

ポルシェ906のミニレプリカのような、そんな小さいけども本格レーシングカーがP5だった。

P3まではコンパーノのフレームにオリジナルボディを載せて結果を出しましたが、同時にポルシェ906やR380のような本格的レーシングカーに対する限界もまた明白でした。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら