オデッセイハイブリッドは本当に得なのか? 基本編

あまりに大きな差があるとせっかくの低燃費性能もスポイルされてしまい、その存在意義が薄れてしまいます。

1.5ℓクラスのハイブリッド車の場合、おおむね30万円というのがハイブリッド車と通常のガソリン車の価格差で、このあたりならユーザーも納得がいくようです。

トヨタのミニバン「アルファード」の場合、その差は約55万円。

同じく「オデッセイ」の場合は最も安い通常のガソリン車が276万円。

ハイブリッド車で最も安いのは356万円となり、その差は80万円にもなります。

ハイブリッド車は取得税と重量税が免税になるため、実質73万円ほどになりますが、それでも大変大きな差であることは変わりません。

一般のユーザーが燃費の差で、その価格差を取り戻すのはかなりの走行距離と年月が必要となり、不可能と言ってもいいでしょう。

◆諦めるのは早い!考え方を変えれば納得の価格

そうなると、やはりハイブリッド車は諦めるしかないのでしょうか?

ただし、両車には装備の差もあるため、人気グレード「アブソルートホンダセンシング」同士で比較してみました。

するとその差は26万円ほどになるので比較するグレード次第では意外に割安にもなるのです。(注:2.4ℓのアブソルートホンダセンシングはEXという仕様になるため、装備内容は少し上なのですが)

もし家庭内でどちらを選ぶかで揉めた場合、「燃費だけではなく走行性能にも優れたハイブリッド車をどうしても欲しい!」側はグレード比較で工夫が必要なのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら