ジャガー、コンパクトカーに「No!」

メルセデスベンツ・Aクラスやレクサス・CTのようなクルマが、ジャガーからも?という噂があったらしいですが….。


未だに、良い意味で頑固な一面もあるジャガー

「伝統なんて古い」という風潮のなか、自らのポリシーを貫くのは孤独を選ぶということにつながります。

しかし、その姿勢は大切にしなければなりません。

近頃の自動車メーカーでは、それまでのブランドイメージをくつがえすモデルを出すことが流行っているようです。

その方が企業の利益になるから、というわけでしょう。

しかしジャガーには良識のある人がいて、特にジャガー・オーストラリアの取締役社長マシュー・ウィースナー氏は、自社の原則を守ってくれそうです。

すなわち、「ジャガーそのものでなければ、ジャガー車として出すことは有り得ない」ということです。

この度ウィースナー氏は、「ジャガーがコンパクトカーを出すらしい」との噂を、明確に否定しました。

同氏は、業界全体がダウンサイジングに向かっていることを認めつつも、ジャガーからはコンパクトカーが少なくとも2020年までには登場しないことを明らかにしました。

「プレミアムブランドでも、小型車志向が強いということは認識している。」としながら、

「それに関して、良いアイディアが出てきているのは事実。ただし、現行モデルのサイクルから勘案するに、2020年までにはそのアイディアは検討しない。」と発言しています。

ただ誤解のないように付け足しておくべきなのは、ウィースナー氏も「時期的に適切であれば」コンパクトカーをラインナップに加えることも、歓迎する。」と言っていることです。

こうした談話から、ウィースナー氏はジャガーの先行きを理想主義的に捉えているように感じられます。

その方向性が正しいかどうか判断するには、成り行きを見守るしかありません。

最後に同氏は述べました。「自分が何者であるかに、忠実であらねばなりません。ジャガーなら、本来の姿のジャガーを追求すべきです。技術面でも、ハンドリングでも。もちろん、デザイン面でもね。」

そういうわけで、一番小さいジャガーは?と問われた場合、当面の間は、アッパーミドルセダンの「XE」がその答えとなるでしょう。

Jaguar Says "No!" To Compact Cars
Jaguar Says “No!” To Compact Carswww.carbuzz.com

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション