失敗しない中古車選びのポイント

中古車を購入する際には、注意するべきポイントがいくつかあります。

中古車は新車ではない

画像引用 stock.tookapic.com

当たり前のことですが、中古車は新車ではありません。
以前に別のオーナーが所有していた経歴のある車が中古車です。そのことを、まず認識しておく必要があります。
中古車に対して、新車同様の状態やサービスを期待しすぎるのはよくありません。
中には、「安く買った車だけど、タダで修理してくれたよ」といった反論もあると思いますが、保証修理を実施するための費用として、あらかじめ車両価格に多少の上乗せがなされていたと考えるのが妥当です。
そして、納車後に、キズやへこみにクレームを申し立てるのはナンセンスです。新車ではありませんから、多少のキズやへこみがある可能性を理解し、それらを把握してから購入する必要があります。
 

故障リスクへの対処法を決めておく

画像引用 stock.tookapic.com

自動車は数万点の部品からなる精密機械です。
それぞれの部品には寿命がありますし、運悪く部品が急に壊れることもあります。そのタイミングは遅かれ早かれ訪れるものです。
故障したときに費用負担をしなくて済むよう、あらかじめ長期保証に加入しておくのか、あるいは無保証の中古車を安く買い、定期的に点検整備を受けたり、故障したときには自己負担で修理してもらったりといった追加出費でしのぐのかを、事前に決めておくべきです。
そうしないと、故障した際の修理費用が捻出できない事態も起こりえます。
そのためにも、日頃から信用のおける整備工場とつながっていると安心です。
個人間売買のAncarでは全国の整備工場の紹介も下記サービスにて行なっているので覗いてみるといいかもしれません。

 

売るときのことも考えておく

画像引用 www.gatag.net

自動車を購入するにあたっては、基本的には用途や好みに合った車種をセレクトするのが基本です。しかし、車種やグレード、ボディカラーによっては人気が低く、中古車相場が安いものがあります。そういった中古車は安く買える可能性がありますが、売るときの価格も安くなるおそれがあるという点は覚悟しておいたほうがよいでしょう。
 

修復歴に対する姿勢を明確にしておく

画像引用 pds.exblog.jp

修復歴は、中古車の価値を下げる要因となりますし、経年変化によって修復部位の状態が悪化する恐れもあります。資金的に余裕のある場合は、できれば修復歴のない車を選択するのが無難です。 しかし、修復歴の程度が軽く、走行性能や安全性にほとんど影響のない車が、修復歴車となったことで安く売られているケースもあります。この場合、再び売却する際には、修復歴車であることを理由に安めの買取価格となる可能性はありますが、もし長期間乗るつもり、あるいは乗りつぶす予定であれば、お買得車としてセレクトする余地は十分にあります。 但し、販売店から修復歴の内容説明はきちんと受けておく必要があります。 修復歴の程度は軽いと聞いていたのに、実際には大事故車だったということも起こりえます。 そういった問題に遭遇しないためには、車両検査会社がチェックした車両状態評価書のある車をセレクトすると安心です。

同じ状態の車は存在しない

中古車は「一物一価」あるいは「一物多価」と呼ばれることから分かるように、まったく同じ状態で同じ価格のものは存在しません。
また、新車ならば台数限定車でもない限り、買いそびれる可能性はありませんが、中古車の場合は、買うかどうか迷っているうちに他のユーザーが契約してしまう恐れがあります。気になる車があれば、購入判断を迅速におこなうことが大切です。
個人間売買のAncarであれば、中古車を購入する前に第三者のプロ整備士にクルマの状態のチェック依頼が可能なので、さらに安心できるのでオススメです。

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら