意外なものも?冬に持っておくと便利な車載アイテム5選

雪の日も雨の日も路面の水はねは一緒だろう…と思っていると大違いで、雪道にタイヤなどで巻き上げる水は「泥」です。 そのため、特にシャーベット状の路面を走る時などは頻繁にウォッシャー液を噴射しないとワイパーだけでは泥だらけになって前が見えません。 しかも、冷え込みによってはシャーベット状の泥がそのまま凍り付きますから、割と念入りにウォッシャーが必要な事もあります。 ですから、ウォッシャー液の大ボトルを車内に積んでいつでも補充可能にしておくのは当然ですね。 さらに、冷え込みがキツイと一般的なウォッシャーを薄めて使ったのでは凍ってしまうので、寒冷地用で薄めなくとも使えるウォッシャー液を使うのがベストです。

5.オートソック

雪国の人間や、頻繁に雪国へ行く人間ならハナからスタッドレスに交換しているので全く不要な話ですが、これはそれ以外の人の場合。 夏タイヤのままでも何とかなるだろう…と考えて実際何ともならないのが雪道やアイスバーンというものでして、何らかの対策は必須です。 さりとて年に1度あるかないかの雪道のためスタッドレスを買ったり、あるいはそのためにレンタカーを借りて慣れない運転をするというのが酷なのも確か。 それではとタイヤチェーンで対策しようとしても、慣れないものを凍り付くような気温の中で落ち着いてしっかり装着はなかなかできないもので、結果的に走行中外れて余計危ない目にあったりします。 そこでオススメなのが「オートソック」と呼ばれる布製雪道用タイヤカバー(布製タイヤチェーンと呼ばれたりも)です。 布製ですから畳めば収納場所を取りませんし、金属製タイヤチェーンよりはるかに軽い! 装着もタイヤに被せて半回転転がし、もう半分に被せるだけで、ある程度適当につけてもセンターなどは勝手に出るようなので、急な吹雪など悪天候の中でも素早く装着できます。 それでいて雪やアイスバーンでも(あくまで「それなり」ですが)グリップしますから、緊急用としては十分です。 布製ですから耐久性は無く、せいぜい100~200kmも走れば終わりですが、その間は洗って再使用もできますし、スタッドレスやチェーンを買うより安く簡単、低コストでしょう。 雪道を相手に「何とかなるかな」と思うような人でも、せめてオートソックくらいはあった方がいいですよ!

以上、冬に持っておくと便利な車載アイテム5選でした! 他にも雪国の知り合いなどに聞くと、意外なアイテムを教えてもらえるかもしれませんね!

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら