ハイブリッドカーはなぜ維持費が安い?6つの主な維持費を徹底解説

ハイブリッドカーとは?

ハイブリッドカーとは、ガソリンエンジンと電気モーターという2つの動力源を組み合わせて走る自動車のことです。エコカーとも呼ばれ、環境に配慮し燃費など維持費のよいハイブリッドカーは、1997年10月に「21世紀に間に合いました」というキャッチコピーのもと世界で初めてトヨタよりプリウスが発売されました。今ではコンセントから直接バッテリーに充電できる進化した形のプラグインハイブリッドカー(PHV)も登場しています。

ガソリン車との比較

ハイブリッドカーはガソリン車と比較すると、燃費がとても良いため、ガソリンを使うことが少なくなり、そのためCO2の排出も抑えられるので、環境に優しい車と言えます。ハイブリッドカーは、初期加速時に電気モーターを使い、走行し出す際にはモーターとエンジンの両方を使い、回生ブレーキにより充電するという効率のよいシステムで走行します。そのため市街地でも燃費がよく、静かで、気持ちのよい加速ができる車です。

ハイブリッドカーは維持費が安い?

ハイブリッドカーは燃費が良く、重量税や自動車税の減税もあり、維持費が安いと言われています。ただ、ハイブリッドカーはガソリン車より、車両価格が高くなる場合があるため、その価格差を燃費の良さや減税などでどこまで埋められるかがポイントになるでしょう。また、その他車にかかる一般的な維持費がハイブリッドカーの場合はどうなるのか、故障の際の修理費用の面なども含めて詳しく解説していきます。

ハイブリッドカーの維持費6つ

ハイブリッドカーの維持費については、自動車税・ガソリン代・メンテナンス代・任意保険・修理費・消耗品代・車検の主に6つがあげられます。ガソリン車も燃費を向上させてきましたが、年々厳しくなるエコカー減税の基準ではハイブリッドカーの方が優遇されるようになっています。また、他の維持費として、メンテナンスや保険の面でのハイブリッドカーの費用がどうなっているのかも気になるところだと思います。

維持費1:自動車税<エコカー減税が適用される>

ハイブリッドカーは環境性能に優れた車なので、自動車税、環境性能割、自動車重量税については、各種減税が適用されます。自動車税は2019年10月1日より大きく制度が変わり、自動車取得税が撤廃され、代わりに環境性能割が導入されたため、エコカー減税は重量税のみになりました。2021年現時点においては、ハイブリッド新車購入時に重量税と環境性能割は減税や免税などが適応され、グリーン化特例により電気自動車などの自動車税が75%OFFになっています。

維持費2:ガソリン代

ハイブリッドカーは燃費が良いため、ガソリン車に比べてガソリン代が非常に安くなります。ガソリンもハイブリッドもどちらもラインナップがある、ホンダの「フリード」で比較してみると、JCO8モード燃費でガソリン車は19km/L、ハイブリッド車は27.4km/Lなので、ガソリン代120円/Lとして、年間走行距離を約1万kmとすると、年間約21,000円もお得になります。実際の街乗り数値や走行距離にもよりますが、維持費の安さを実感できるでしょう。

維持費3:メンテナンス代

ハイブリッドカーはガソリン車と比べ故障の頻度が少なく、オイル交換期間が長く、消耗品も少ないので維持費が安いといわれています。

実際にハイブリッドカーはガソリン車よりオイルが汚れにくく、走行距離によってはオイル交換の時期をガソリン車より倍ほど長くとってよい場合もあるほどです。性能がよいので故障も少なく、オイル交換とセットになった定期点検もさほど頻繁にする必要もないでしょう。

維持費4:任意保険

ハイブリッドカーではエコカー減税などがあるものの、車両保険をつけると任意保険料はやや高くなります。名前はさまざまですが、環境保護の推進を目的として加入する車両がエコカーである場合、新車購入から1年ほど「エコカー割引」がある保険会社が多いでしょう。ただ、ハイブリッドカーはガソリン車より車両価格が高く、故障した場合の修理費も高いため、車両保険をつけた場合の維持費は割高と言えます。

維持費5:修理費・消耗品代

ハイブリッドカーは性能がよいため故障も少なく、消耗品も比較的少なくなりますが、故障した場合は高性能の部品代が高くつくと考えられます。ハイブリッドカーはブレーキパッドの減りが少なく、オイルが汚れにくく、ベルトやセルモーターなどの消耗品が元からないなど維持費は安いと言えます。しかし、5年程で交換が必要な補機バッテリーが2~5万と高額であり、保証期間を過ぎて故障した場合のメインバッテリーには数十万かかるとみてよいでしょう。

維持費6:車検

ディーラー車検を頼んだり、高額な部品交換をしたりすると維持費が高くなりますが、ハイブリッドカーだからという理由で車検費用が高くなるようなことはありません。もちろんカー用品店やガソリンスタンドで車検を受け維持費を安くすることもできます。ただディーラー車検が必須な保証修理を受けたい場合や専用の診断機を使用してハイブリッドシステムのチェックを受けたい場合はディーラー車検がお勧めです。

法定費用:重量税<登録から3年間無料>

ハイブリッドカー購入時、エコカー減税により新車登録から3年間分の自動車重量税が無料となるため維持費が安くなります。以前のエコカー減税なら、最初の3年目の車検の重量税も無料になっていましたが、2019年10月1日の改正により、プラグインハイブリッドカーでなければその条件を満たすのは難しくなりました。また、車検時の重量税についてはガソリン車と変わりありません。

法定費用:自賠責

車検時に必要な法定費用(自賠責保険料、重量税、印紙代)は、ハイブリッドカーであっても、ガソリン車とかかる維持費は変わりません。「自賠責保険」は、「強制保険」とも呼ばれ、法律により全ての車の所有者に加入が義務づけられている損害保険です。自家用車のハイブリッドカーの場合でも通常の2年ごとの車検では自賠責保険料をガソリン車と同じ額を支払うことになっています。

法定費用:印紙代

車検時必要な法定費用に申請手続きの印紙代がありますが、これもハイブリッドカーもガソリン車も費用は同じです。自家用の普通車の場合、通常の2年ごとの車検では、印紙代をガソリン車と同じ額支払うことになっています。

ハイブリッドカーのデメリット3つ

ハイブリッドカーの維持費の安さについてみてきましたが、デメリットはどのような点なのでしょうか?ハイブリッドカーは環境に配慮したエコカーであるため、新車購入時にエコカー減税や各種減税が適用されたり、優れた燃費の良さでガソリン代を安く抑えたり、維持費が安く済む車です。しかし、高い購入価格や、高額な部品交換など、維持費の高い部分もこれから詳しくみていきましょう。

デメリット1:購入価格が高い

ハイブリッドカーは電気モーターとエンジンを積み、高性能なためガソリン車より購入価格が高くなっています。例えば、ガソリンの燃費の比較でも例にあげたホンダ「フリードG FF/6人乗り」の場合、ガソリン車(税抜き) 1,964,000円、ハイブリッドカー(税抜き)2,329,000円と、365,000円もの本体価格差があります。ガソリン車と比べ、約20~50万円以上の価格差がデメリットとして挙げられるでしょう。

デメリット2:走行が静かすぎる

ハイブリッドカーは走行中、エンジンと電気モーターを切り替えながら走るため、とても静かです。特にボタンを押すだけの走り出しはエンジンをかけたのかわからないほどの静けさで、エンジンを使用する加速中でさえ静かで気持ちのよい加速をします。そのため歩行者が近くを通るハイブリッドカーに気づかず事故に遭うケースが増えるというデメリットが出てきたため、人工音をつけるなどの対策もとられています。

デメリット3:メインバッテリーが高額

ハイブリッドカーのメインバッテリーは高額なため、部品代や作業工賃も高くなります。ただメインの駆動バッテリーは、8年10万kmにも耐えうると言われています。また、バッテリーのみの電気自動車とは違い、燃費は落ちますがエンジンで走行可能です。高電圧で大容量な駆動バッテリーは高額ではありますが、年々性能も上がり値段も下がる傾向にあります。交換前に乗り換えることを検討してもよいでしょう。

ハイブリッドカーの維持費について知ろう!

環境に優しく、減税があり燃費の良いハイブリッドカーは維持費の安い車です。高性能で車両価格やバッテリーなどの部品が高いハイブリッドカーですが、エコカー減税や燃費の良さ、買取価格の高さなどを上手く使うことで維持費を抑えられます。環境への関心も高まる中、快適な乗り心地のハイブリッドカーをぜひご検討の対象に加えられてはいかがでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら