【渋滞も楽しく】子供が退屈せずに最大限にドライブを楽しむには?

年末に車で帰省しようと考えている方もいらっしゃると思います。この時期のドライブで一番心配な事といえば、やはり渋滞ではないでしょうか?特に幼いお子さんがいらっしゃる家庭では、長い渋滞で子供がダダをこね出し、大変な思いをされたこともあったかと思います。

今年の年末年始の東名高速道路、東北自動車道、関越自動車道は上り下りともに30km以上の渋滞が予想されています。これらの高速道路を使って帰省を考えている方は、大規模な渋滞につかまる可能性が高いです。

今回は、もしも渋滞にはまったときに、車内でできる大人も子供も楽しめる遊びをいくつか紹介したいと思います。

そもそも渋滞にはまらないためには?

渋滞に巻き込まれたとしても家族で楽しい時間を過ごすことはできます。しかし渋滞につかまると、目的地に着くまでに時間がかかり過ぎてしまい、後々のアクティビティーに使える時間が減ってしまいます。ですので、ドライブを楽しむためにはそもそも渋滞にはまらない方が良いということは、ここで述べるまでもなく皆様が感じていらっしゃることだと思います。

渋滞にはまらないためにどうすれば良いか、それは「できるだけ早く出発しましょう!」、この一言に尽きます。

NEXCO西日本によると、平成28年1月2日に東名の静岡ICから東京ICまで利用した場合、午前8時までに出発した場合と、ピーク時の4時に出発した場合でなんと2時間31分も所要時間に差があったそうです。ですので、年末の帰省の際には遅くとも8時までに高速に乗るようにしましょう。

車内で子供を退屈させないためには?

どれだけ子供を楽しませてあげようと努力しても、子供がダダをこねることをやめず、そのことに頭を抱えてらっしゃる方も多いかと思います。なぜ子供はすぐ退屈するのか?それを知るためには、まず大人と子供の時間の感じ方の違いを認識しておくことが大切です。

子供の時間の感じ方は大人とは違う

皆様も子供のときと比べて、1年があっという間に過ぎるようになったと感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。この現象は心理学では知覚時間差異と呼ばれ、大人と比べ、子供は初めて経験することが多いために起こります。大人がすでに知っているようなことも、子供にとっては新鮮な出来事として捉えられるため、子供は大人よりも時間の経過を長く感じるのです。このことを知っておけば、大人のものさしで「短い時間」と感じられたとしても、子供にとっては「とても長い時間」であることが理解できるかと思います。ですので、大人にとってはそれほど長く感じられない渋滞も、子供にはとてつもなく長く退屈な時間であるので、子供がダダをこねたとしてもイライラせずに、子供と向き合ってあげる必要があります。

渋滞時も家族みんなで楽しめる遊び

皆様、お待たせ致しました。これから本題の、車内で子供も楽しむことができる遊びをいくつか紹介していこうと思います。

車内カラオケ

老若男女が一緒に楽しめることと言えば、筆者はまずカラオケが頭に浮かびました。そして、「渋滞の退屈な時間に家族みんなでカラオケを楽しむことができたら?」と考え、興味本位でECサイトで調べてみたところ、想像以上にたくさんの商品がヒットして驚きました。それにほどんどの商品が5000円台で、意外にもお手頃価格で購入できます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら