ジュネーブ・モーターショー2018【BMW編】

    ■日本発売が待たれる「i3S」&「i8」
    BMWのEV、ハイブリッド専用モデルブランド「BMW i」の「i3」・「i8」も今年に入り完了された新型を発表しました。

    i8には、ブレーキ機能を備えたクルーズコントロールシステムと、サラウンドビューを含む運転支援システムを標準装備。オプションで、BMWレーザーライトが選択可能。これは600mのハイビーム照射範囲を備えた非眩惑のレーザーヘッドライトで、BMWによると「通常のフルLEDヘッドライトの約2倍の性能を発揮する」とのこと。

    動力系も改良され、後輪を駆動させる直列3気筒1.5L ガソリンターボは、最大出力231hp、最大トルク32.6kgmと従来通り。一方、前輪を駆動するモーターは最大出力131hpから143hpへ強化され、システム最大出力374hpを発揮します。フルパワー状態で0-100km/h加速4.4秒、最高速250km/h(リミッター)を記録します。

    BMW iならではの「EVモード」もバッテリーの大容量化で最大55km走行可能です。

    コンパクトモデルの「i3」もマイナーチェンジ改良でスポーツグレード「i3s」が追加されました。こちらは足回りの変更とシステムプログラムの変更でパワーアップを果たしています。i3と比較して、車高が10mmダウン+トレッド+40mmで195/55R20というタイヤを履いています。システム出力は183hpと十分なパワーを発揮します。

    まだどちらも日本導入時期は未定ですが、常に「走りの愉しさ」を忘れないクルマ作りをするBMWの今後がより期待できます。

     クルマの相談所



    クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

    本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

    故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

     ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

    「90万円」高い売却に成功! K様



    コメント:
    愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
    改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

    高く売却できる『おまかせ出品』

    価格の交渉ができるかも!?

    詳細&査定はこちら

    Ancarのサービス詳細はこちら