【クルマと社会と文化】ことばの難しさ:「車」と「クルマ」?

ところが、アメリカに行くと、こんな大きなキャンピングカーも、高速道路でしょっちゅうみかけます。 こうなると、感覚的に「クルマ」とは書きにくいかも知れません。なにせ、日本ではこれを乗用で使うということが、一般的には常識外だからです。

最後は極端な例でした。 しかし、このように、「自動車のブランド」で見た場合、それが同じ「クラウン」や「トヨエース」であっても、ニュアンスによって書き方が変わることがある、というわけです。 この記事では、あくまでも「言葉の意味の上での」クルマ=乗用車とは何か、を考えてみました。絶対的な正解があるとも限りません。 このように、日頃何気なく目にする単語でも、あえて意識してみるとどこか曖昧だったり、ややこしかったり、定義に困ることもあったりします。 人や文化によって、見方が違うことを発見できたりもしますから、そんなことをちょっと立ち止まって考えてみても、面白いのではないでしょうか。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら