ナローポルシェ最強?怪物911カレラRSRのテールを追え

尋常ではないカレラRSR

いつもの峠、負け知らずの峠。 しかしそこで一度だけ完膚なきまでブッチ切られた苦い思い出に回想が飛びます。 いかにポルシェとはいえ尋常ではないそのパフォーマンス、まさかカレラRS2.7なのか。 しかしそれにしても速すぎる。 ようやく視界に捉えたテールに見えたエンブレムに目を見張るドライバー。 「カレラRSR…コイツがカレラRSRなのかッ?!」 次の瞬間、ストレートに差し掛かったポルシェ 911カレラRSRは瞬時に視界から消えて行った…。 昔のエンスー漫画「GT roman」で、ハコスカGT-R(KPGC10)を駆って無敵を誇るはずの「カフェ roman」のマスターが、生涯ただ一度全く歯が立たなかったというエピソードで、筆者はカレラRSRの存在を知りました。 今の目から見ても、両者のスペック差を考えたら当然の結果とは思えますが、romanのマスターを圧倒するとはどんなスゴイ車なんだろうと、当時は思ったものです。

5マイルバンパー以前の名車「ナナサンカレラ」

歴代ポルシェ911で「RSR」を名乗ったのは、930以降何台もありますが、この記事で主役となるのはあくまで初代の901型。 1973年に限定生産されて名車の呼び声も高い「ナナサンカレラ」こと911カレラRS2.7がベースとなっていますが、この時点で1tを超えていたボディを960kgまで軽量化。 210馬力の2.7リッター水平対向6気筒エンジンを搭載し、レーシングカーの917からフィードバックされた技術でエンジンチューンがなされています。 まだアメリカの安全基準に従った大型バンパー、通称「5マイルバンパー」が装着される直前の、最後のエボリューションモデルということもあって名車扱いを受けていますが、そのさらにハイパフォーマンスモデルとしてカレラRSRが生まれました。

ダックテールの怪物、RSR

排気量は2.8リッターとわずかに引き上げられ、レーシングカーの906からカムシャフトを流用して最高出力は実に300馬力! 930ターボ登場以前のモデルですから、当然NAでリッター100馬力を超えており、まさにレーシングエンジンそのものです。 ブレーキにも同じくレーシングカー917から流用を受け、さらにボディもカレラ2.7RSからさらに軽量化されてわずか900kg。 当時のポルシェは、スペック上の馬力や最高速度競争をしていたスーパーカーとは異なり、300馬力といったら本当に300馬力出ていたといいます。 つまり、そのパワーウェイトレシオ(出力/重量比)たるや3.0kg/psで、これは現代のスポーツカーでもそうそう太刀打ちはできないのでは? もちろん冒頭で述べたように、車重1,100kgで160馬力しかないハコスカGT-Rがケンカを売っていい相手ではありません。 何しろパワーだけではなく滅茶苦茶軽いのですから、フットワークの面でもかないようが無いように思えます。 ワイドフェンダーで太いタイヤも履けましたから、並の911と同列にはとても扱えません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら