イマドキの軽自動車のサイズは?室内が広いおすすめ軽自動車10選

最近の軽自動車は性能がとても良くなっているので、軽自動車の購入を考えている方は多いのではないでしょうか。室内のサイズが広々としたおすすめの軽自動車や、軽自動車に乗る際のメリットなど、最近の軽自動車について紹介していきます。

軽自動車はサイズが小さくて不便?

軽自動車は性別年齢問わず人気のある車種ですが、いまだに「小さくて狭くて乗りにくい」というイメージがあり、購入をためらっている人も多いのではないでしょうか。最近の軽自動車はとても人気があり、今までのイメージを払拭するほど進化していて、快適で乗り心地の良い軽自動車がたくさんあります。普通自動車の購入を考えていた人も、軽自動車のメリットをもっと知って、購入する候補の車種に入れてみてください。

軽自動車のサイズ・規格

軽自動車は、規定の範囲内にある車種のことを指しますが、その規定について詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。どの範囲から軽自動車と呼ばれるのか、軽自動車の現行サイズや排気量を紹介していきます。

現行のサイズ・排気量

軽自動車のサイズは、全長が3.4m以下で全幅が1.48m以下、全高2.0m以下で、排気量は660cc以下と決まっていて、日本自動車の決まっている大きさの中で1番小さな規定サイズになります。軽自動車のナンバープレートは黄色ですが、この規定以上になると小型自動車という扱いになり、白いナンバープレートになります。

軽自動車とコンパクトカーとの比較

日本の道路は狭い道や入り組んだ道などが多く、運転が初めてな人や苦手な人は苦戦することが多くあります。軽自動車やコンパクトカーであれば、小回りがきくので慣れてない場合でも運転しやすく、練習にも適しています。では、軽自動車とコンパクトカーはどのような違いがあるのでしょうか。軽自動車とコンパクトカーの違いを、サイズと走行性能に分けて紹介していきます。

サイズはあまり変わらない

軽自動車とコンパクトカーの違い1つ目は、サイズです。コンパクトカーは、全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下と決まっていて、軽自動車と比較すると若干車体は大きくなり、人も多く乗車できます。しかし、最近の軽自動車は乗り心地や中の空間がよく考えられているので、乗車した時のサイズ感はあまり変わりません。軽自動車とコンパクトカーはどちらとも小回りがきくサイズなので、狭い道での運転に適しています。

走行性能も普通車に近づいている

軽自動車とコンパクトカーの違い2つ目は、走行性能です。軽自動車の排気量660ccに比べて、コンパクトカーの排気量は2000cc以下となっているのでパワーやトルクが上回ります。しかし、最近の軽自動車は、高速道路で運転手の負担を軽減するプロパイロットが搭載した車も出ていて、アクセルやブレーキ、ハンドルなどの操作を車が自動的にアシストしてくれるなど、性能がとても上がっています。

室内が広いおすすめ軽自動車10選

軽自動車は一昔前まで、スーパーでの買い物など近場での移動を必要とする時だけに使うイメージが強かった車ですが、最近では空間が広く、乗り心地がとても良いので、長距離や時間が長い運転でも、負担のかからない軽自動車が増えています。各社がそれぞれ個性のある軽自動車を販売しており、どの軽自動車にすれば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。室内のサイズが広く、快適に乗れるおすすめの軽自動車を10個紹介していきます。

おすすめ1:スズキ ワゴンR

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/img/image01.jpg

室内サイズが広いおすすめの軽自動車1つ目は、スズキ ワゴンRです。ワゴンRは、スズキの軽自動車の中でも代表的なシリーズで、軽自動車に定められている全長と全幅の中でフルサイズなのが特徴です。さらに、室内長が2,450mm、室内幅が1,355mm、室内高が1,265mmなので、車内の空間がとても広々としています。運転席を含め、後部席まで窮屈に感じないので、長距離も安心して運転できるのが嬉しいポイントです。

おすすめ2:ホンダ N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

室内サイズが広いおすすめ軽自動車2つ目は、ホンダ N-BOXです。N-BOXは、前後に大きく動くシートによって、生活スタイルに合わせた空間を作ることができる軽自動車です。後部座席を前に倒せば車椅子や自転車などを積むことができ、後部座席の座る部分を持ち上げて後ろにスライドさせておけば、趣味などに合わせた荷物などを乗せられるのが特徴です。後部座席が繋がっていないので、別々に動くのもポイントです。

おすすめ3:ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/main01.jpg

室内サイズが広いおすすめの軽自動車3つ目は、ダイハツ タントです。タントは、助手席と後部座席の間にあるピラーがドアに内蔵されているので、ドアが大きく開くのが特徴です。大きく開くドアに加えて低床ステップが付いているので、小さなお子様やお年寄りの方でも簡単に乗り降りができるのが嬉しいポイントです。さらに、運転席や助手席がロングスライドでき、倒せば広々としたフラット空間になります。

おすすめ4:ダイハツ ウェイク

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

室内サイズが広いおすすめの軽自動車4つ目は、ダイハツ ウェイクです。ウェイクは、インパネトレイやインパネアッパーボックス、サイドトレイなど、さまざまな収納やポケットが充実しているのが特徴で、便利な空間が広がっています。助手席のシートを倒すとテーブルになっていて、自転車や大きな荷物も乗せることができ、泥がついても落としやすいイージーケアフロアもあるので、アウトドアが趣味な方にとてもおすすめです。

おすすめ5:日産 ルークス

https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/roox/2002/exterior/top/roox_2002_exterior_cs1_001.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら