軽自動車に特化したダイハツはどんな企業?歴史と名車

ダイハツ・コペンはダイハツ工業が開発、販売するクーペタイプの軽自動車オープンカーです。ダイハツ・コペンのルーフは軽自動車史上初の電動油圧ポンプのアクティブトップが備わっています。コペンの名前の由来は「軽自動車オープンカー」からKOPENと名付けられました。元名はKOPENですがコンパクトカーのCを取り現在のCOPENとなっています。軽自動車ながら本格的なオープンカーの楽しさを味わうことができ、頭上に大空が広がる開放感や軽自動車ならではの軽快な走りを楽しむことができるのでまさにオープンエアースポーツの楽しさを味わうのにうってつけの車です。また2代目コペンではボディの外装をドレスアップするのが容易にできるようになっており、旧コペンのフェイスや最新のフェイスから好きなフェイスまで自由にカスタマイズできます。

ダイハツ工業の魅力って何?

ダイハツ工業は世界を代表する自動車メーカーですがなぜここまで世界的に人気のある自動車メーカーに成長してきたのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

国内シェア率の高さ

ダイハツのラインナップは軽自動車に特化したものであり、日本市場での需要を大きく満たしていると言えます。日本国内の軽自動車普及率は2018年のデータだと39.2%が軽自動車で3台に1台が軽自動車という時代です。そんな中4割を占めるダイハツのシェア率はとても高い割合だと言えます。

実用性の高いラインナップ

タントやムーブキャンバスといった室内空間が広く実用性の高い車をラインナップとして加えることで日本で求められているニーズを掴んでいます。軽自動車は日本独特な規格であり、限られた制約のある自動車枠です。そんな中で高い室内空間や走る楽しさを追求するダイハツの姿勢はしっかりと製品の品質に反映されています。

走る楽しさの追求

ダイハツ工業は軽自動車規格に特化した企業ですが走りにも注力しています。ダイハツのラインナップの中で最も走る楽しさにフォーカスを当てて開発されたのはコペンであると感じます。軽自動車ながらセキュリティ面で優秀な電動のアクティブルーフを搭載しており、クーペタイプのボディは見た目や走りにスポーティさを演出してくれます。またターボのついたスポーツタイプの自動車も積極的にラインナップへと追加しているのもダイハツの特徴であり、軽自動車の非力なNAエンジンの乗り味だけではなくしっかりとしたトルクの感じられる走りを期待できることでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら