スマホの音楽を車でも聴きたい…オススメのBluetoothスピーカー

車によってはAUXやBluetoothが搭載されておらず手軽に音楽が聞けない人も多くいると思います。好きな曲をかけながらのドライブは何も音楽をかけないで運転をするよりも楽しいはず。と言っても車をカスタムするのも難しくてなかなか環境を作れませんそんな人にオススメなBluetoothスピーカーを紹介していきます。

手軽にBluetoothを使いたい…

AUXでも曲は聴けますが最近のスマートフォンから3.5mmステレオミニプラグは消え去る運命にあり、既にミニプラグが非搭載のスマートフォンが数多く発売されています。実際ミニプラグを挿して曲を聴くのは取り回しが悪く、プラグ自体の消耗もあるのであまりいい選択とは言えません。ミニプラグよりも自由で手軽なBluetoothを使えた方がストレスなく曲を流せます。

FMトランスミッター

FMトランスミッターはスマートフォンなどのデバイスから送った音楽を特定の周波数に変換して発信しラジオの周波数として車のオーディオに認識させます。この方法は手軽にBluetoothを使用でき、楽に音楽を飛ばせて車のスピーカーも活かせるので敷居が低く扱いやすいです。しかし、FMトランスミッターは簡単な仕組みですが弊害があります。FMトランスミッターで送った音楽は変換されたことにより本来の音質を再現できません。送信された音楽はFM音源となりノイズの混じった音になります。FMトランスミッターの弱みはFMの周波数を使用している点にあります。走行中に同じ製品を使用した車が近づくとその車に接続されてしまうトラブルが発生する危険視があります。ラジオと同じ周波数を使用しているので走行中にFMトランスミッターよりも電波の強いラジオの音が流れてしまうこともあります。

Bluetoothスピーカー

Bluetoothスピーカーは車のスピーカを利用しません。単体で持ち運べるスピーカーはバッテリーが搭載されています。様々な種類の製品が販売されており、数多くの有名ブランドが参入しています。Bluetoothスピーカーは手軽でアウトドア向けのものもあれば持ち運ばないものまであります。音質も年々向上しておりより高音質になっています。ほとんどのスピーカーにはサブウーファーが搭載されていて低音が強調されたものもあり通常の車に搭載されているスピーカーよりも高音質で音楽を聴くことができます。

Bluetoothスピーカーは手軽さからとても人気で様々な企業から販売されています。そのため自分のニーズに合ったスピーカーを見つけ出すにも一苦労です。ものによってはパワー不足で合ったりウーファーが搭載されていても鳴りが弱かったり様々な問題があります。

Bluetoothスピーカーの選び方

Bluetoothスピーカーの数が多くしっかり自分のニーズに合ったものを選ばないと効果は期待できません。自分に合うものを何個も買い直すよりもしっかりと求めている製品を選ぶことが大切です。Bluetoothスピーカーを選ぶ際に重視すべき点を紹介していきます。

音質はメーカーによって変わる?

スピーカーの音質の感じ方には差があり、選ぶ際にはしっかり好みに合うか確認する必要があります。音質は各メーカーそれぞれ得意な音域がありスピーカーで表現可能な音域が違います。音質は音の解像度とも言われていてより解像度の高い音を再生できるスピーカーの方が音質がいいです。音の解像度は音を送信するBluetoothの規格によって変わります。しかし音楽を聴きこむようなシーンで使用しない限りは電波の規格まで気にする必要はありません。

音量もしっかり確認する必要あり

Bluetoothスピーカーの音量は車で聴く用途であればとても重要です。音量はスピーカーの性能に依存し、性能が低いと音割れする可能性もあります。車内はエンジン音やロードノイズなどが響いているのでそれに負けないような音量が必要です。車で聴く際は音量にまだ余力が残っているくらいがオススメです。

大きさ・重さは重要な要素

Bluetoothスピーカーを選ぶ際大きさと重さはとても重要です。筐体が大きければ大きいほどスピーカーを大きくできます。重さも重要で音の伝わり方もメリハリがつき筐体自体の安定感も増します。しかし大きくなると持ち運びも不便になりますし、車内にスピーカを置くスペースを確保するのが難しくなります。

オススメのBluetoothスピーカー

現在販売されているBluetoothスピーカーは数多くあり、好みにあったスピーカーを見つけ出すのも一苦労です。各社独自のデザインをしており、好みのデザインをしたスピーカーを探すのも楽しみの一つです。そんな膨大な数のスピーカーの中から筆者がおすすめするBluetoothスピーカーを紹介します。

BOSE soundlink mini ii

このスピーカーはマサチューセッツ工科大学の研究品を製品化するメーカーから生まれた製品です。BOSEのスピーカーの品質はとてもよく購入した方の評価とても高いです。このスピーカー自体手で握れるほどのサイズですがその大きさを感じさせないくらいの力強い低音が特徴です。しかし、音の味付けが人工的で好みが分かれるようです。このスピーカーはワンランク上の音質を体験したい人にオススメです。

JBL CHARGE3

JBLは映画館やライブハウスで使用されている信頼の厚いメーカーです。このメーカーの特徴は音の味付けがほとんどないことです。通常スピーカーの発する音にはメーカーの個性が顕著に現れます。しかしJBLのスピーカーはフラットな音が楽しめるので何も加工されていないプレーンな音楽が楽しめます。しかし今回紹介したJBLのスピーカーはサイズが大きく円筒状なので車で使用する際は台座などが必要な場合があります。このスピーカーはインスト音楽やJAZZなど楽器メインの曲がバランスよく鳴ってくれます。

JBL FLIP4

先ほど紹介したJBLのスピーカーの廉価版のようなモデルです。サイズは一回り小さくなありペットボトルほどの大きさです。サイズが小さいおかげで取り回しが良くペットボトルホルダーにも置けます。小さいながらもJBLらしさは損なわれていません。しっかりと音が鳴りJBLらしさを体験できる音質です。

SONY SRS-XB32

今回紹介するSONYのBluetoothスピーカーは低音と音の広がりを重視しています。通常のスピーカーだと低音の再現は難しく、綺麗に低音を出せているスピーカーは少ないです。ですがこのスピーカーは低音にフォーカスしており通常時でも低音が強調されています。通常の約2倍の電力を消費して低音を増強するEXTRABASSモードを使用することで音の迫力が増します。しかしSONY独特の低音と高音が強調されたドンシャリ気味な味付けは聴き疲れを起こす可能性があります。このスピーカーはEDMやダブステップなど低音を強調した音楽に向いています。

 

各社個性が強くどれも魅力的なので選ぶのにひと苦労です。小さい本体や価格を考慮してしのぎを削りながら作り出されたスピーカーはどれも個性的です。そんなスピーカーの中から好みのスピーカーを見つけ出した時、素晴らしい音楽体験が待っていることでしょう。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。