日本の名車日産ブルーバード!その歴史について

15年以上も前に生産終了した国産車で昭和時代に大活躍したロングセラー、日産ブルーバード。マニアの中ではプレミア価格がつくほどレアな車です。今ではビンテージカーとしても扱われているん日産ブルバードの長い歴史を紐解いていきたいと思います。


日産ブルーバードの特徴

日産の誇るロングセラー車

ブルーバードは、日産自動車が製造と販売を行っていた車で、1959年から2001年まで販売されていたロングセラー車です。かつて日産はダットサン系とプリンス系に分かれていましたが、ブルーバードはダットサン系の車で、開発当初ベストセラーとなっていた、ダットサントラックの技術を生かして開発された、セダンタイプの車です。

一時期はモータースポーツに参戦するほどのスポーツカーの側面も

ブルーバードの中でも特に3台目の510型系の上級モデルは当時としては大排気量である、1.6リットルエンジンを搭載し、1969年にはメキシカン1000マイルラリー、1970年には第18回東アフリカサファリラリーに参戦しいずれも好成績を収めています。後のモデルでは、2リットルのエンジンを搭載し、GTシリーズがリリースされるなどますますスポーツカーとしての存在を強めていきました。

高級セダンとしての側面もあり

特に6代目の910型のブルーバードからは、高級セダンとしての位置づけも確立していきました。足回りにも日本製FR車では最初となるゼロスクラブが設定され、特にこの世代からは、乗り心地も良くなったため、タクシーなどでも多く採用されるようになりました。7代目からは駆動形式がFFとなり後部座席の空間が更に広くなり快適となりました。

日産ブルーバードの歴代モデル

9回のモデルチェンジを繰り返したブルーバード

第一世代モデルは、1959年に登場した310型系で、エンジンは1リットルと1.2リットルがありました。

第二世代モデルは、1963年に登場した410型系で、後のブルーバードのイメージを定着させた「SSS」グレードが設定されました。日産としては初めてフル・モノコック構造のボディーが採用されました。

第三世代モデルは、1967年に販売開始された510型系です。この時代は自家用車の普及が始まった年で、1.0リットルクラスのサニーが大衆車であり、ブルーバードは1.3リットルエンジンでボディーを大型化し、中級モデルとしての位置づけとなりました。

第四世代は、1971年に発表された610型系で、この当時流行した曲線を用いた流線型のデザインとなりました。4ドアが主流であったブルーバードとしては初めて2ドアハードトップがラインナップに加えられました。

第五世代は、1976年に開発された810型系で、高級セダンとしての色合いを出し始めました。ボディーサイズは大きくなり、エンジンは、1.6リットルから2.0リットルが用意されました。

第六世代は1979年に発表された910型系で、ブルーバード最後のFR車です。直6エンジンは廃止され、中型セダンとして設計されファミリーユースに重点が置かれました。

 

第七世代は、1983に登場したU11型系です。デザインは第六世代に対して丸みを持たせ、ブルバードとしては初めてのFF車です。

第八世代は、1987年に発表された、U12型系で、ボディータイプは4ドアセダンと4ドアハードトップとなり、デザインは更に丸みを帯び4WD車がランナップされました。

第九世代は、1991年から販売開始されたU13型系で、デザインが更に丸みを帯びエレガントといえるまでになりました。駆動方式としては、駆動方式はFF4WDが設定されました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら