【週刊 掘り出し物 お買い得中古車】 BMW M3クーペ 左H 6MT サンルーフ ※販売終了

BMW BMW M3クーペ 左H 6MT サンルーフ | モデルノ (株)ジング | Goo-net中古車情報www.goo-net.com

スポーツセダン/クーペの教科書、M3です。扱いやすいサイズと絶妙な重量バランス。高回転まで気持ち良く回るエンジンで多くのファンを抱える名車です。
今回はその4代目をピックアップします。
誕生より各地のツーリングカーレースなどで数々のタイトルを獲得してきたM3は、「勝つことが目的に開発されている」と言われている様にパワーは勿論、車体やエンジンなど常に最善の思想をもって設計,開発され進化してきました。
その中でエンジン屋と呼ばれたBMWだからこそ、M3に搭載するエンジンは1990年代前半に登場した2代目から直列6気筒に拘ってきました。
完全バランスと呼ばれるクランクシャフトを持ち、振動が少なく高回転までスムースに吹け上がるユニットは「シルキーシックス」と言われ愛されてきました。
「BMWといえば直6」と思う方も多いでしょう。
その後4代目でV型8気筒エンジンを積むことになります。
直6は全長が長く前方衝突時の車内侵入など衝突アセスメントで不利になるなど難しい面がありました。
V型エンジンを採用したM3が発表されたときは、かつての気持ち良いエンジンはもう終わってしまったのかと多くのファンは嘆きました。進化した電子制御、大きくはなったがギリギリまで軽量に仕上げたボディに優秀な足回り。相変わらず優れたパッケージである4代目M3においてやはり気になるのはエンジン。新しい4リッターV8。
しかし、そんな心配は杞憂に終わります 。
アメリカンなV8を想像していたらドイツ人に叱られる程の鋭いレスポンスで気持ち良くタコメーターは踊ります。排気量も上がった事により明らかに先代よりもパワーは上がっています。音に関しては直6の方がより澄んでいて心地よかったかもと言ったところ。登場した当初は旧来のファンから散々言われた4代目M3ですが、どこをとっても素晴らしい完成度であることに多くの人は気がつくのでした。
世の中はエコの時代。
大排気量エンジンを搭載した乗用車は消え行く運命にあります。2代目の、3代目の中古価格が下がっていくように4代目M3の市場価格も手に届きやすくなってきました。BMW最後の高回転型NAエンジンを堪能するなら今かも知れません。そんなキャラクターから今回は操作を思い切り楽しめる
MT仕様車の紹介でした。基本的なオプションは装備。あとは性能の他に無駄なものはありません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら