スズキはバイクだけではなく車も好調?スズキの歴史に迫る

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車メーカーの中からスズキ自動車について紹介していきたいと思います。

スズキ自動車とはどんな企業?

1909年に大工であった鈴木道雄氏によって、スズキ自動車の前身となる織機メーカーの鈴木式織機製作所が設立されました。当初は木製の織機を製造していましたが次第に金属製の自動織機へと製品ラインナップが変化して行きました。この機械式の自動織機は耐久性が高く、一度工場へ配置されると長期間の運営が可能となってしまい、売り上げが上がらなくなるため事業の多角化として自動車業界へ参入することとなります。

鈴木自動車工業設立からの歩み

https://hamamatsu-daisuki.net/industry/greatmen/greatmen04.html

1954年に鈴木自動車工業へと社名が変更となりロゴも見慣れたものへと変わりました。戦前から自動車の設計をしていた鈴木でしたが本格的参入は遅く、1950年初頭にオートバイ分野へ参入し1955年には軽自動車分野へも進出するほど力を強めて行きました。以降の鈴木自動車はオートバイと軽自動車分野を主力とした戦略を取り自動車業界で活躍していくこととなります。

死者の出る危険なバイクレースで優勝

https://www.biketour.jp/tour/00062-isle-of-man-tt-race/

鈴木株式会社の社員ライダーとして当時の二輪車レースで活躍していた伊藤光夫氏が出場した1963年マン島TTレースにて優勝を果たしました。このマン島TTレースはレース用の整備されたサーキットではなく、公道を使用したレースです。そのためコースのすぐ近くに民家や石垣などが存在し観客を守るものは何もありません。一度コースアウトや転倒したライダーは重傷で運ばれるか死亡するケースが多く今までに多くの人が亡くなっており、その中に日本人も含まれている危険なレースです。そんな危険なレースで優勝を勝ち取るには並大抵の努力では叶いません。

スズキが生み出した名車

スバルが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。鈴木が得意とするのは軽自動車規格の自動車です。そのリーズナブルな価格で多くのユーザーから支持されています。そんな数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

スズキ・ジムニー

https://kakaku.com/item/K0001064306/catalog/

現在4代目が販売されているジムニーはスズキの中でも一番人気といっても過言ではない車種です。軽自動車規格ながら本格的なクロカンSUVというコンセプトを持っており本格的な走りを楽しめます。通常の自動車であればモノコックボディというフレームが採用されていますがジムニーに採用されているフレームはラダーフレームです。このラダーフレームの耐久性能はとても高く、フレームの上にボディが乗っているのでオフロードなどの過酷な環境にも耐えられます。また走破性も高くSUVならではの大きいタイヤと車高の高さから岩場や悪路をもろともしません。また新型ジムニーでは空転しているタイヤを感知しブレーキをかけ、接地しているタイヤにトルクを回す機能などもあり走破性能が向上しています。

スズキ・アルトワークス

https://kakaku.com/item/70100720018/

スポーツカーの高額化により気軽にモータースポーツを楽しめないこのご時世。アルトワークスはライトウェイトスポーツとして愛されています。軽くて安いを備えたスポーツタイプの自動車はあまり販売されておらず、数少ない選択肢として人気の高い車種です。現在では減ってしまったマニュアルシフトがメインのラインナップとなっており、車重も軽くシートに押さえつけられるような加速が味わえます。また駆動輪が4WDなので走行性能も高く悪路もこなすので雪国でも活躍してくれます。

スズキ・スイフト

https://kakaku.com/item/K0000318340/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら