相場おすすめ度とは?

「相場おすすめ度」は、車両の状態と相場を比較して割安(最大100)なのか割高(最小0)なのかを示しています。

相場おすすめ度算出方法

状態が良い車両=高価格、状態が悪い車両=低価格と想定し、車両の状態から想定価格を割り出し、実際の販売価格との差分で割高、割安を判定しています。
車両の状態を決める要素を総合的に判断して、想定価格を割り出し、相場おすすめ度を決定しています。

例)想定価格が150万円の場合

Ancar Search

例えば、高年式であれば想定価格は高くなり、想定価格に比べて販売価格が安い場合は、相場おすすめ度は50より高い値になります。
逆に低年式なのに販売価格が高い場合は50より低い値になります。
想定価格と実売価格が同じであれば、相場おすすめ度は50になります。

トップページへもどる