車のエアコンスイッチ故障 原因から構造の説明、実際の修理事例まで|ベテラン整備士が教えます!

エアコンのコントロールパネル。手動でグルグルと回すタイプのお車は最近減ってきているかもしれませんが、まだまだよく見かけます。手で回すダイアル部分が壊れて回らない症状、困りますよね。動きはするけど鈍い、最後まで回らないなどもあります。温度調節のツマミや内気・外気ツマミも左右に動かなくなることがあります。

今回は、車のエアコンのコントロールパネルの構造の説明、スイッチの故障の主な原因、実際にご入庫してきた修理事例についてお話していきます。

エアコンのコントロールパネルの構造

コントロールパネルはダイアルと駆動部分がワイヤーでつながっています。パネルの裏側にワイヤーが出ていてそのワイヤーが湾曲していたり折れたりするとダイアルは動かなくなります。

車種によっては大掛かりになる場合もあります。外側から「ぱかっ」と外れるタイプ、内側に押して引っ張り出すタイプ。周りのパネルを外していくタイプなど様々です。

コントロールパネルは大体同じような仕様で、ワイヤーが3本付いています。温度調節・風量調節・内気、外気調節に分かれています。ワイヤーを点検してみて、特にワイヤー自体に湾曲等見られない場合は、パネル自体の欠損や不良になります。その場合はパネル自体を交換します。ワイヤーだけの場合はワイヤー交換のみになります。ワイヤーやパネル自体に不具合が無い場合は、ヒーターユニット自体の部品の破損などが考えられますが、単体部品の供給はあまりありません。本体丸ごと交換になると、とても大変な作業になります。本体の値段もとても高くなります。

ユニットのエアミックスダンパー(温度を調節する部分)やモードコントロール(吹き出し切り替え部分)にはクランプというプラスチックの部品があります。ワイヤーと繋がっていてワイヤーの伸び縮みで動きますが、この部分が破損したり動きが鈍くなったりする場合があります。

主なエアコンスイッチ故障の原因

エアコンの吹き出し口のところに後付けでドリンクホルダーを付けていて、走行中に飲み物がそこからこぼれてしまう。それがクランプ部分にかかってしまい、駆動部が固まって動かなくなってしまった。固まって動かしたら破損してしまった。という事例が多いです。特に甘い飲み物が原因のことが多いです。それが原因でユニット本体を交換したお車は過去に多々あります。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。