エンジンから「キュルキュル」異音が!ベルト鳴きの原因とは!?【ベテラン整備士が教えます!】

寒くなって来る時期や雨上がりの朝、またはエアコンを付けた時やハンドルを切ったときなど車のベルトが「キュルキュル」と音が鳴る。

皆さん1度は経験したことがあると思います。
ベルトからキュルキュルと音が出るのは”ベルト鳴き”と言われる現象です。

ベルトの役割からベルト鳴きの原因、交換時期など筆者が実際に整備した車の事例を交えてご紹介したいと思います。

ベルトの役割

車にはエンジンの補助をする機械(補機類と言います)を動かすベルトが付いています。エンジンのクランクプーリーの回転を利用して補機類に動力を伝達する役目を担っているのがベルトです。ベルトはエンジンからエアコンや発電機、パワステに動力を伝える大切なパーツです。

走行中に電気を発電させバッテリーを充電させるオルタネーター。エアコンに送風する為の空気を圧縮させるエアーコンプレッサー。ステアリングを動かす為のパワーステアリングポンプ。など全てエンジンからベルトによって駆動されています。

“ベルト鳴き”の原因

ベルトはゴム製なので熱気や経年劣化などでヒビが入ったり、硬化したり伸びて緩むことがあります。最悪の場合切れてしまうことも…この様なベルト系の異常が原因で“ベルト鳴き”がするようになります。

車の車種やエンジンの型式によって違いがありますが、補機ごとにベルトを2~3本使用している場合と、最近では1本のベルトで全ての補機を駆動させる車種もあります。
全ての補機がベルトによって駆動しているので、1本でもベルトが切れてしまうと正常な機能が出来なくなりエンジントラブルや事故の原因に繋がります。

ベルト鳴きの原因は全てベルトの劣化や緩みが原因ではありません。もちろんその他の原因が潜んでいる場合もあります。ベルト自体の値段は高いものではありませんが常に回転により摩擦されているので劣化は避けられません。切れて周辺部品の破損や大きな故障に繋がると大変な修理になりかねませんので、早めにきちんと点検・修理をしてもらうようにしましょう。

実際に入庫してきた事例

ホンダ ライフ


今回は以前入庫してきた、ホンダ ライフの事例をお話します。

入庫してきたホンダ ライフは1本ベルトを使用していました。ベルト鳴きが気になるという事でしたのでベルトを外してみました。ベルト自体の劣化はそこまでひどくありませんでしたが、少しの亀裂とベルトの側面の傷が目立っていたのでこれがベルト鳴きの原因だと思われます。今回は新品のベルトに交換することにしました。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。