激安中古車は本当に安いの?購入後、後悔しないために

安い中古車、最大の理由はまず車の方にあり

激安で車を買おうとするならリスクを背負うのは当たり前ですが、大抵の場合は車そのものがそのリスクの元であることが多いです。 車検が無いのは当たり前。 低年式(古い)、走行距離が多い、天井など塗装が劣化してハゲてきており、外観がちょっとした手直し程度でどうにもならないほどクオリティが悪化している。 さらには事故車や水没車も格安車の定番ではありますが、仕入れも安いので、あえてそうした車ばかりを集めた「ワケあり車専門店」も存在します。 さらに整備不良車まで存在し、エンジンをかけてもらうとノッキングと呼ばれる異音がひどく、明らかにハイオクガソリンしか入れてはいけない車に、レギュラーガソリンを入れているケースまで。 こうした激安中古車は、いわば「客寄せ」としてチラシや店頭で目を引くために準備されており、実際には売れても売れなくても店にはあまり関係無く、売れなければスクラップに出してクズ鉄として売られる前の最後のご奉公というケースもあります。 数万円どころか数千円、場合によっては500円で売られている車までありますから、マトモなものと考えるのは無理があるでしょう。

中古車販売店に問題がある場合も

さらに、ネットの中古車情報などを見ていると、激安中古車にはある共通点が。 それはまず店、それも車両置き場の立地で、舗装されていない砂利の上に車が並べてあっていかにも湿気がこもりそうだったり、場合によっては草ぼうぼうの空き地に止めてある車もあります。 そもそも売り物をあまり大事に扱っていないのですから、車にかける手間というのも最小限なことが予想されますし、そうした立地の店は高価な車を扱いませんから、仕入れる車も安いものが多いです。 それで商売が成り立つのかと言えば、案外外国人などがまとめて買いに来たりするので、通常の中古車店とは少しジャンルが違うとも言えます。 また、スポーツカーなどの場合はメーター類を交換してあり、結果的に「走行距離不明」となっている車種も。 こうした車はそれまでスポーツ走行などでかなり酷使されてきたと考えるべきですから、非常に故障などのリスクが高い代わりに激安となっている典型的な例で、スポーツタイプの車一覧を価格の安い順から並べると、大抵安い車はこのパターンです。

「安く乗る」と「安く買う」の違い

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。