災害時に非常用電源として使えるクルマ一覧

2011年3月の東日本大震災ではエスティマハイブリッドなどが、2016年4月の熊本地震では三菱アウトランダーPHEVが投光器や家電への電力供給で大活躍しました。

完全に停電し、建物が被災してディーゼル発電機による予備電力も満足に動作しない状況では、たとえ100V電源であっても、あると無いとでは大違いです。

とはいえ、自動車から給電する100V電源自体はそう珍しいものではありません。

ホームセンターやカー用品店、あるいは通販などで自動車のシガーソケットから出力できるDC12V電源を、家庭用のAC100V電源に変換するコンバーター(変換器)は随分前からポピュラーだったからです。

昔ならまだバッテリーのもちが悪かった頃のノートパソコンのために、今でも携帯電話の充電などで非常に重宝していると思いますが、それらコンバーターを使った100V電源というのは使用できる電気機器に非常に制限があります。

具体的に、電気抵抗で何かを暖めるような電化製品、ホットプレートやドライヤーの類は全く使えないのです。

筆者も昔、無理してコンバーターから取った100V電源で野外で扇風機を回そうとした事がありますが、風を起こすほどの動力を扇風機に与える事ができませんでした。

また、車両本体(大抵は内装)に100V電源が使えるコンセントがオプションまたは標準装備でついているタイプでも、大抵の車は100Wが上限で、やはりほとんど家庭用電源としては役に立たず、あまり明るくない電球をつけるか、パソコンやスマホ、タブレットを充電するのが関の山です。

しかしこうした「とりあえず100V電源のコンセントを挿せる」というだけの給電とは一線を画している車も中には存在しており、今回の熊本地震以前から活躍してきました。

以下にご紹介しましょう。

また、もしも車の走行中に災害に遭った際の対処法は、以下の記事で紹介しております。

【災害大国日本】運転中に災害が起きた時の対処法

家電の使える100V電源・1500Wまで使用可能車両

この「1500W」というのが重要ですが、これは調理用のホットプレートや電子レンジが目安となっています。

他にもドライヤーや冷蔵庫の電源にも使え、家庭用の電源をかなりまかなう事ができる他、バッテリーが切れてもエンジンを始動して充電する事で(ただし、充電と給電が同時にできない車種の方が多いので、明かりの不要な昼間に充電するのが望ましい)、最大でガソリンが無くなるまで7日間程度、平均的な一般家庭の電力をまかなう事ができるのです。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。