『グランツーリスモ』気になるあの車を自宅でVR試乗

自動車を購入するには一度実物を見に行ったり、試乗をして乗り心地などを確認しに行くと思います。試乗をしに行くにも手続きが必要であったり一度お店に足を運んだりと乗るまでにも時間がかかります。そんな手間のかかる試乗を手軽に行うことができます。今回紹介する『グランツーリスモsport』ではPSVRを使って実際に乗っているかのような体験ができます。

グランツーリスモとは

グランツーリスモと聞いてピンと来る人は少ないのではと思います。今回は『グランツーリスモ』を知らない人に向けて紹介していきたいと思います。

『グランツーリスモ』シリーズとは

https://www.jp.playstation.com/software/title/scps91301.html

『グランツーリスモ』シリーズはソニー・インタラクティブエンタテインメントが販売しているドライビング&カーライフシミュレーターというジャンルのレースゲームです。このシリーズは山内一典によって考案されました。『グランツーリスモ』シリーズの開発は山内一典が代表取締役を務めるポリフォニー・デジタルが行なっています。

『グランツーリスモ』というタイトルは自動車カテゴリーの「グランツーリスモ」から取られています。実車さながらのグラフィックやリプレイのカメラワークが高く評価されており、2018年のデータでは8040万本超えの販売本数を記録しています。

グランツーリスモの誕生

https://www.jp.playstation.com/software/title/scps91301.html

1990年半ば、スーパーファミコンなどのドット絵から飛躍的に処理能力が向上しポリゴンの時代へと突入し、今までできなかった描写も可能となりました。物理演算を利用したゲームも多数登場し業界全体の流れがリアル思考へと変わっていきます。『グランツーリスモ』と同時期に発売された『リッジレーサー』はリアル思考なゲームではなく物理の法則を無視したドリフトなどのゲーム性がユーザーからは人気がありました。そんな中発売された『グランツーリスモ』は当時珍しかった「環境マッピング」技術をいち早く取り入れました。この技術は車に光沢を生み出す技術で当時の荒いポリゴンからすると綺麗なグラフィックとなっています。また収録車数も数多く100車種146グレードあり、当時の人気車種も収録されていました。

現実と交わるグランツーリスモ

グランツーリスモ®SPORT_20190924163756

シリーズを追うにつれてグラフィックがより現実的になってきていますが、実際に現実とも連携しています。最新作である『グランツーリスモsport』ではFIA(国際自動車連盟)と提携しており本物のモータースポーツとの境がより縮まったと言っても過言ではありません。茨城県で行われる茨城国体2019では『グランツーリスモsport』が正式な競技の一つとして採用されたことが話題となりました。またGTアカデミーというコンテストで優秀な成績を収めた選手は日産のレーシングチームに所属し、本物のレーシングカーでサーキットを走り国際レースに出場するライセンスを取得するチャンスが与えられます。

『グランツーリスモsport』にはさまざまな自動車メーカーが作り出した次世代の車「ビジョン」収録されています。中でもアウディのe-tronという車種は実車をゲームに収録したのではなくゲームに収録されていた架空の車が現実になりました。ゲームから現実の世界へ繋げてくれる新しい挑戦を続けています。

『グランツーリスモsport』の何がすごいの?

『グランツーリスモ』以外にもレースゲームは数多く販売されています。そんな中『グランツーリスモsport』にしかない良さがあります。

国産ゲームとは思えないグラフィック

グランツーリスモ®SPORT_20190924163347

日本で開発されているゲームの中ではトップクラスのグラフィックスで実車さながらの体験ができます。近年の家庭用ゲームにおけるゲーム開発費用は高騰しており海外の資金を膨大に使える企業の方がグラフィック面では有利でした。『グランツーリスモsport』は日本で開発されていますが海外のゲームとグラフィックで引けをとりません。最近のゲームに目の肥えた人でなければ本物のレースを見ていると勘違いするレベルまで来ています。

『グランツーリスモsport』における車の挙動

グランツーリスモ®SPORT_20190924160952

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。