衝突安全性能は1959年からどれだけ進化したのか、安全性の今と昔

車が登場してから数十年経ちますがどのような進化を遂げたのでしょうか。世界初の車はガソリン車のベンツ パテント・モトールバーゲンという車です。登場したのは1885年でした。2019年現在からすると単純計算で車の誕生から134年の月日が経とうとしています。車は100年以上かけて進化し続けており、300キロ以上の速さで走る車や電気で走る車など技術力も向上し次のレベルへ進んでいます。そんな進化した車ですが事故を起こせば命を落としかねないのは今も昔も変わりません。人の生存率を確かめる車の衝突安全性能は技術の進歩によりどのように変わってきたのでしょうか。

車の安全性能はどれだけ向上したのか

車の安全性能はどれだけ向上したのか。まず最初に1959年の車と2009年の車の衝突安全性能の比較動画をもとに見ていきたいと思います。50年という月日は衝突安全性能にどのような変化をもたらしているのでしょうか。

1959年のChevrolet Bel Airと2009年のChevrolet Malibu

この動画は1959年製のChevrolet Bel Airと2009年製のChevrolet Malibuを衝突させた実験の動画です。50年前に製造されたChevrolet Bel Airの耐久性能はとても低く、今回の衝突実験では2009年製のChevrolet Malibuと比べて無残な姿となってしまっています。長いボンネットも潰れてしまい運転席は完全に押しつぶされてしまっています。対してChevrolet Malibuはそこまでひどく損傷しているようには感じられません。なぜ同じ車であるのに対しこのように差が出てしまうのでしょうか。

なぜここまで衝突安全性能に違いが出るのか

https://www.youtube.com/watch?v=C_r5UJrxcck&feature=youtu.be

なぜ50年前の車と2009年の車でここまで差が出てしまうのでしょうか。衝突安全性能の差はボディーのつくりに変化が関係しているのではないかと考えられます。ボディーの構造は自動車のデザインという面でも関係していますが自動車のつくりにも関係してきます。事故に強いボディー構造は硬くて絶対壊れないのが良いということではありません。実際はその逆でうまく壊れて衝撃を吸収してくれた方が乗員の安全性が向上します。しかし1959年製のChevrolet Bel Airは脆く壊れすぎてしまい運転席はほぼ潰れてしまっていて安全とは程遠い状態となっています。現在でもクラシックカーを所有している人も多くいるので事故には気を付けてもらいたいです。

今から20年前の車は衝突安全性能は高いのか

1990年代に入り衝突安全性能について世の中で議論されるようになりました。各自動車メーカーが対策を始め、自動車にさまざまな工夫が施されていきました。衝突安全性能が重要視されていなかった時代、1959年製のChevrolet Bel Airは運転席まで潰れていました。比べて安全性能を求めて作られた車はどのように変化していったのでしょうか。

1997年製のRover 100と2017年製のHonda Jazzの比較

先ほどの1959年製のChevrolet Bel Airと2009年製のChevrolet Malibuの比較では50年の差を感じられる結果となりました。ではここ最近の20年間ではどのような違いが生まれてくるのでしょうか。この動画では1997年製のHonda Jazzと2017年製のRover 100を衝突させて20年という月日は衝突安全性能にどのような変化をもたらしているのかわかります。1959年と比べて衝突安全性能が高くなっていますが1997年のRover 100ではまだ運転席が潰れてしまっています。そのためエアバッグが作動していても室内まで衝撃が伝わりそのまま潰されてしまっているので安全とはまだ程遠い印象です。1959年から40年近い年月が経っていますがそれでも運転席などの室内の安全が守られていると言いがたい状況です。それに対してHonda Jazzはぶつかった際に前方だけではなく左右にもエアバッグが展開して乗員を守っています。またHonda Jazzの車内は衝突の力に負け潰れることはなく原形をとどめています。このように20年で自動車の衝突安全性能はかなり向上しました。

エアバックの登場で安全性能は上がった

https://www.youtube.com/watch?v=H7IuBT7zUnA

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。