近い将来渋滞はなくなる。量子コンピューターが描く車の未来

日々進化してゆく科学の最先端分野として量子力学という学問があります。量子力学という学問は1920年頃に確立されたとても新しい学問で現在集中的に研究が進められています。この量子力学という学問は原子や分子などとても小さな世界を研究する学問です。その量子力学が成果を示したものとして量子コンピューターというものがあるのですが、みなさん知っていますでしょうか。多くの新聞やニュースなどでちらほら見かけたことがあったり、名前くらいは知ってるという人は多いかもしれません。この量子コンピューターが今、車の未来を大きく変えようとしています。量子コンピューターが本格的に社会に導入されることによって今まで帰省ラッシュやUターンラッシュなど様々な場面で人々を悩ませていた渋滞がなくなるというのです。そこで、今回はそんな最先端を行く技術、量子コンピューターが導入されることによって起こる車社会の変化についてお話していきたいと思います。

いま最も勢いのある分野量子コンピューター

量子コンピューターが車の未来に与える影響について語る前にそもそも量子学とはなんなのか、量子コンピューターの何がどうすごいかをここで紹介していきます。

量子力学って?

中学や高校で物理の授業を習っていたという人は多いと思います。物体をビルの上から投げたらどこに着地するのかを計算したり物体の持っているエネルギー量を求めたり。量子力学が生まれる前はこれらの運動の法則は地球上ならどこでも成り立つと考えられていました。しかし、これらいわゆる古典物理学が成り立たない場所が出てきたのです。それが分子や原子などのミクロの世界。このようなとても小さな世界では学校で習ったような物理法則がほとんど成り立ちません。そこで、どう言った法則なら成り立つのかを研究しているのが量子力学といえます。

そんな量子力学の大きな特徴として確立解釈という理論が挙げられます。物質は我々が観測していない間は事象が重なり合った状態で存在しているという理論のことです。これは一体どういうことか、わかりやすいように身近にあるもので例えると外からは見えない二つの箱のどちらか一方にビー玉を入れたとします。自分はまだどちらにビー玉が入っているのか知りません。すると普通に考えればこの時点ですでにどちらか一方にはビー玉が確実に入っているはずです。しかし、量子力学的に考えると自分が箱を開け中を観測するまでどちらの箱の中もビー玉がある状態とない状態が重なりあって存在していると考えられるのです。そして箱を開け中を観測するとその瞬間どちらか一方にビー玉があることが確定します。何だか突拍子もない理論ですが実際にこれはミクロの世界では認められています。「シュレディンガーの猫」もこれと同じ理論ですね。

量子コンピューターと普通のコンピューターの違い

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。