巻き返す三菱とマツダのスポーツカーエンジン(KF-ZE, 6G72, 6A12, 4G92)

スポーツカーにはついに搭載されなかった名機、マツダKF-ZE

90年代以降のマツダを代表するスポーツカーと言えば? ある人にとってはやはりロータリースポーツのRX-7かもしれません。 当時の2代目FC3S、3代目FC3Sは、現在に至るまで名スポーツカーとして未だに現役の個体も多いのですから。 一方、2017年2月現在に至るまで絶えず進化を続けてきたスポーツカーと言えば、ロードスターでしょう。 初代のNA型以降、ロードスターに搭載されるエンジンは決してスポーツカー向けではない実用エンジンがベースでしたが、マツダはそれをチューニングによって純スポーツカーであるロードスターに最適化していました。 しかし、それらに搭載されることこそ無かったものの、それ自体が名機と言われた90年代マツダのエンジンがあります。 それがKF-ZEです。

まるでアルファのV6のような

アルミブロックで軽量化を図りつつも、その他の部分は炭素鋼鍛造、あるいは鋳鉄を用いて耐久性を持たせた2リッターV6エンジン、それがマツダ KF-ZEです。 スペックそのものはさほど過激なものではありません。 最高出力160馬力 / 6,500回転、最大トルクに至っては18.3kg・m/5,500rpmですから、多気筒化によるピークトルクの薄さというデメリットが出ている印象すらあります。 ピークパワーも、ホンダのようにもっと回せば出たのでは無いかとも。 ただし、KF-ZEを搭載したマツダ車、ことにランティス・クーペなどは、マツダファンに限らず通好みなクルマでした。 スタイルもさることながら、KF-ZEは気持ちよく吹け上がる、とても良いエンジンだったからです。 特に喜んだのはヨーロッパ車ファンで、「これはまるでアルファ・ロメオのV6エンジンのようだ!」と大絶賛。 マツダが危うく潰れかけたバブル時代の多チャンネル(販売店系列)体制の中で生まれた、「クロノス」シリーズ各車にも搭載されましたが、この時期の品質低下気味だったマツダ車の中でも、V6エンジンの評判だけは高いまま。 しかし、重度の経営危機に陥ったマツダがフォードの傘下に入った時、この名機に代わって押し付けられたのはフォードのV6エンジンで、これがまた不評でした。 ひどく評判の悪い時期のマツダで数少ない光明のように見えたKF-ZEでしたが、その時期にしか生きられなかったがゆえに、今でも覚えている人は少なくなっています。

「レーシング・ブルドーザー」の心臓、三菱6G72ツインターボ

90年代不遇のスポーツエンジンと言えば、三菱GTOが搭載していた6G72ツインターボもそんなエンジンでしょう。 同期のライバル、トヨタ 2JZ-GTEや日産 RB26DETTと同じくらいに評価されてもおかしくないのですが、重い・デカイ・曲がらないと散々な評価を受けた上に、フェラーリ風スーパーカーボディにFFベースの4WD。 GTO自体は少々重すぎるだけで決して悪い車では無いのですが、スポーツカーとして見た場合にスープラやスカイラインGT-Rのような華が無さすぎでした。 搭載されている6G72エンジン自体はディアマンテと共通の3リッターV6エンジンをツインターボ化したものですが、少々変わっています。 最大トルクの数値そのもの(42.5kg・m)は同期のライバルと同等、ある時期までのRB26DETTより高いくらいでしたが、それを2,500回転というスポーツカーとしては超低回転で発揮したのです。 エンジンは当時のこととて280馬力に制限(北米仕様は325馬力)されていましたが、おかげでGTOは「とにかく下からのトルクはすごい車」として紹介され続けることになりました。 雪道のトラクションなどは最高でまるでブルドーザーか戦車のようでしたが、スポーツカーとしてはその下からモリモリ来るけどもその先が無いフラットトルクが演出としてアダになったかもしれません。

突き抜ける快感も作れた三菱6A12と4G92

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。