三菱が閉鎖した米国工場を拠点に、謎の新興メーカーが起業する?

工場が蘇れば、それは何よりなのですが…。

日本人からすると残念な限りですが、2015年に三菱自動車は、北米で唯一だったイリノイ工場を閉鎖しました。 1988年に開所したこのプラントでは「アウトランダー・スポーツ」を生産しており、クライスラーとの合弁事業として運営されていました。 先日の『オートモーティブ・ニュース』の報道によると、そこへ、このほどリビアン・オートモーティブという名前のメーカーが、この工場を買収しようとしているようです。 リビアン社は2024年までに200億円あまりをこの工場に投資しようと計画中のようで、2021年までに500人の雇用を生み出すとしています。 これは、イリノイ州の通商経済省によるプレスリリースで明らかにされた内容です。

このリビアン社がどんな企業であるかは、CEOがRJスカリンジ(Scaringe)という名のRPI・MITの卒業生であり、2009年に設立されたという点以外、まだ明確には示されていません。 自社については「持続可能なモビリティーに向けて、統合された商品やサービスを開発する」と述べるに留まっています。 会社としてのミッションは、「従来型の自動車産業を改革し、保守的な経営の欠点を払拭する」としています。 なんとも曖昧な説明ではありますが、これが意味するところを知りたいと思う人は多いでしょう。 1つの捉え方としては、自動運転や再生可能エネルギーを使う動力源の採用かと考えられますが、同社のウェブページすら「Coming Soon」表示のままになっており、イリノイ州でさえ、同社の計画内容を知らないということです。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。