出会えばラッキー?2016年に日本国内で新規登録された珍しい自動車ブランド 4選!

珍しい自動車ブランドの定義

基本的には日本自動車輸入組合の輸入車統計データベースから拾ったものですが、その中でも2016年1月から12月までの1年間、新車登録された車が少ないブランドを抜き出しました。 ただし、こうした新車登録統計は「輸入されて日本で登録されるのが初めて」という車もカウントされますから、国内外の旧車や絶版車、海外専売車種が含まれることもあります。 現存しない「サーブ」や「ハマー」ブランドの車などは、その類ですね。 そうしたブランドは極力外しつつ、そのブランドでどういった車があるかも紹介したいと思います。 そのため、特に順位をつけているわけではないことはご了承ください。

JAIA 日本自動車輸入組合

プロトン(マレーシア):3台

東南アジアのマレーシアにある自動車メーカーで、かつて三菱と提携していた時代も長かったため、その影響が今でも残るプロトン。 かつて同国の国民車メーカーのような立場にいましたが、ダイハツと提携してより小型で安価な車を販売するプロドゥアに押されがちです。 日本では数年前に群馬のモータースポーツパーツメーカー「クスコ」が総代理店となって、サトリアネオという3ドアハッチバック車の1.6リッターモデルを輸入しています。 基本的にはラリー、ダートトライアル、ジムカーナで1.6リッター以下のエンジンを搭載したクラスで戦うためのベース車として輸入されており、スズキ スイフトスポーツなどのライバル車になりました。 国内で1.6リッタークラスの車が少ないために選択肢を増やそうという試みでしたが、一般向けとしてはメンテナンスなどに難があるので、数を売る車ではないということですね。 実際見たことがある人も、モータースポーツイベント以外ではほとんど無いのではないでしょうか。

ヒュンダイ(韓国):6台

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。