【ahead vol.175】F1文化の伝承者~高安丈太郎

インターネットの発達により自宅にいながらにして多くの情報にアクセスできる現代。調べ物をしたいときはキーボードを叩けば画面に答えがズラリと並ぶ。しかし多くの人が気付いているように、それらの情報は玉石混交だ。ひと目でおかしいと感じるものから真実らしい記事までが入り乱れた、いわゆる〝カオス状態〟である。 「薄くて広い情報ばかりなので、真実が埋もれて見つからなくなる」と高安丈太郎さんは語る。

彼は知る人ぞ知る、F1模型の第一人者。といっても単にプラモデルを作るのが好きなどというレベルではない。「SFP(スケール・フォーミュラ・プロフェッショナル)マガジン」というF1模型専門誌を自費出版するほどなのだ。今年60歳を迎えるという高安さん、一体そのモチベーションはどこから来るのだろうか。

SFP 創刊号は世界999 冊限定。特集は高安さんが一番好きだという フェラーリ312T(1976)。製作の参考になる新たな資料やアドバイス を掲載し、特別付録は再現に必要なデカール。全ページ英文で価格 もユーロ表示。「これで世界戦略を狙っている」と高安さんは笑うが、 実は儲けるつもりはなく、世界中のマニアの手元に届けば良いと考え ている。「オランダ人が見つけて買ってくれたのは嬉しかった」と言う。

日本でF1が知られていない時代に図書室で見つけた一冊の本がきっかけ

高安さんがF1に興味を持ったのは小学2年生のころ。図書室の掃除当番だった高安少年の目にF1の世界を紹介した一冊の本が映った。「エンジンが露出している姿にヤラれた。こんなクルマがあるの!?って。男の子ってそういうメカニズムに惹かれるじゃないですか」

掃除をサボって葉巻型のF1が出ている本を読みふけった。そこには〝不吉なのでカーナンバーに13はない〟など初めて出会う西洋の文化もあった。しかし時代は東京オリンピックが終わったばかりの60年代半ばのこと。世の中にF1の存在を知る人はほとんどいなかったという。「クルマ好きな人にF1が好きだと言っても、逆にF1ってなに?と聞かれる始末。一から説明するのが面倒で、結局誰にも言わなかったです」

まだ日本にはモータリゼーションが芽生える前のこと。情報が少ない中、高安少年は駄菓子屋で売っていたプラモデルを作ったり、小学6年生のときにバザーで『カーグラフィック』1年分を格安で購入し、すみずみまで読むなどして情報を入手。ますますF1の魅力に引き込まれていった。

70年代、80年代のF1ブームで多くの模型が登場

世の中の空気が変わってきたのは70年代中盤から。’76年に富士スピードウェイで「F1世界選手権イン・ジャパン」が開催されると、第一次F1ブームが訪れた。「富士のF1はテレビで見ました。その頃はお金もクルマもなかったから。でもまだF1の情報は少なかったですね」

世間ではスーパーカーブームだったが、その頃の自動車マニアにはF1は別世界と捉えられていたという。「世間ではスーパーカーがブームだったけど、僕は箱車のレースにはぜんぜん燃えなかった」

だが模型では進展があった。70年代後半にタミヤから1/20のF1モデルが続々と発売されたのだ。「待ってました! って感じでたくさん作りましたよ。リアタイヤのサイドウォールが正確に再現されていたのが嬉しかったなぁ」しかしそれも長続きしなかった。原因は’77年の「F1日本グランプリ」で起きた観客を巻き込んだ死亡事故の発生である。世間はモータースポーツを危険視したのだ。その後10年間は日本のF1ファンにとって暗黒の時代となってしまう。

そんな中、高安さんは’75年頃に海外のホワイトメタルキットと出会っていた。ホワイトメタルとはスズや鉛などの合金のこと。融点が低いので溶けやすく、型に流し込んで整形するのが比較的容易な素材である。そのため小ロット生産に向いていて、ヨーロッパなどでは小さなメーカーやマニアが独自にキットを作り売っていたのだ。プラモデルに比べると部品の合いが悪かったり、表面仕上げに手間がかかるなどハードルが高い。しかし超マイナーモデルもキット化されるという魅力もあった。原型を作る人もマニアだったので、レースごとに変わる部分まで再現してあったのだ。そのリアルさに惹かれて高安さんはホワイトメタルキットを数多く作った。すると販売店から「見本を作ってくれないか」と頼まれるようになった。タダで作らせてもらえるならと喜んで作ると、それが売れるようになったという。趣味と実益の両立だ。ここで高安さんはF1モデラーとしての地位を確立していくと同時に、徹底的にリアリティを追求し始める。

そして ’83年にホンダがエンジンコンストラクターとして再びF1に参戦し、’87年に中嶋 悟が日本人初のフル参戦ドライバーになったことで第2次F1ブームが巻き起こった。しかし高安さんは世の中のフィーバーを横目に、淡々とマイペースでF1を追い続けた。高安さんいわく、その頃のレース雑誌は予選や決勝での写真が入り混じって掲載されていた状態。恐らく誰もこだわっていなかったのであろう。高安さんはそれが不満で、’85年頃にオートスポーツ編集部に「そのものズバリの写真を見せてくれ」と直談判しにいったという。そこでプロカメラマンを紹介してもらい、撮影した写真を直に見せてもらったことで、ある車両が特定のグランプリに出走したときの完璧な状態を再現した作品を作り上げることができたそうだ。

F1ブームのおかげで多くの模型が登場したが、高安さんは必ずしも満足していなかった。その最大の理由は「その瞬間に走っていた仕様じゃないから」 F1マシンはレースごとに、さらに言えば予選と決勝、ドライバーの違いでも細部の仕様が変わる。まったく同じ状態はありえないと言っていい。ところが多くの模型はそのマシンの最大公約数的な作られ方をしているので、高安さんの目から見るとどうしても不満が出てしまうのだ。

レースごとの仕様の違いを正確に再現

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。