消滅した自動車メーカー「そしてあの名車は残った。ホープ自動車(日本)」

池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」に同名会社が登場してビックリ

三菱自動車の燃費偽装問題で、脚光を浴びている一冊の本があります。 人気ドラマ「半沢直樹」の原作など数々の企業小説を執筆したことでも有名な作家・池井戸 潤氏による「空飛ぶタイヤ」。 奇しくも同じ三菱自動車がかつて起こしたリコール隠し事件を題材にした企業小説ですが、何と三菱自動車をモデルにした劇中企業の名前が「ホープ自動車」でした。 池井戸氏がかつての自動車メーカーに同じ企業名が無いかどうか調べなかったのか?調べていないならちょっと迂闊な話だと思います。 なぜなら、かつて「ホープ自動車」という自動車メーカーは実在し、しかも業態や社名が少し変わりましたが、現在でも存続している会社なのです。 日本が世界に誇る、あの歴史的名車の原型を生み出したホープ自動車とは、どのような会社だったのでしょうか?

軽商用車メーカー「ホープ自動車」とは

ホープ自動車の前身、ホープ商会が誕生したのは1951年(昭和26年)、東京の上野で個人商店としてです。 創業者の故・小野 定良 氏は戦前に兄の経営する自動車販売修理店で修理工として働きながら学校に通って卒業し、オート三輪をタクシー仕様にした「厚生車」の試作にも携わるなど、当時からクルマづくりの現場にいた人間でした。 戦後、陸軍から復員して自動車修理業を再開しますが、オリジナルの軽三輪トラックを作るためホープ商会を設立します。 当時大型化の進んでいた三輪トラックに対し、新しく策定された「軽自動車規格」に沿った軽三輪トラックなら、まだ参入の余地があると考えたのです。 そして1952年、オプションながらフロントガラスや屋根も装着できて快適性が大きく向上した軽三輪トラック、ホープスターを発売したのでした。 本格オート三輪ながら軽自動車規格に収まり安価、しかも頑丈だったホープスターはヒットし、1954年(昭和29年)にはホープ自動車へと改称、自動車メーカーとして順調な道を歩み始めたのです。

ホープ自動車は今で言う「ファブレスメーカー」

ホープ自動車の特徴は、何もかも自力開発せずに可能な限り市販の既存品を使い、それでいて設計は自力で行っているので、信頼性の確保された市販部品から可能な限りのポテンシャルを引き出す事を可能にしていた事です。 たとえばエンジンはイギリス製オートバイ用エンジンを参考に、ピストンやコンロッド、ベアリングは既存車のエンジン部品を仕入れて組み込み、生産も工業メーカーの富士産業(中島飛行機の後身、後の富士重工、スバル)に委託していたのです。 そうして生産された部品やエンジンをホープ自動車で組み立てて販売する事で、最低限の設備や労力で完成車を送り出す事ができました。 いわば今で言う家電製品で既存部品の組み合わせから安価な商品を組み立てて販売するファブレスメーカーのような考え方です。 これは何も特別な事ではなく、現在の自動車メーカーもそれに近い開発・組立メーカーである事が多くなっています。 ただし、関連会社や下請け企業ではなく、純粋に取引先から部品を仕入れる割合が異常に多かったのもホープ自動車の特徴で、それが後に衰退のきっかけとなりました。

衰退と撤退、そして最後のホープスター、ON型4WD

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。